日本の検索サービストップ、Yahoo!が譲らず。50億4026万ページを結果表示 ~ ネットレイティングス調べ | RBB TODAY

日本の検索サービストップ、Yahoo!が譲らず。50億4026万ページを結果表示 ~ ネットレイティングス調べ

ブロードバンド ウェブ

日本の主要検索サービスの利用状況
  • 日本の主要検索サービスの利用状況
  • Yahoo! Searchの検索タイプ別利用状況
 ネットレイティングスは27日、インターネットユーザーの検索行動に焦点を当てた検索サービス利用動向レポート「MegaView Search(メガビューサーチ)」の提供を開始した。

 MegaView Searchは日本の主要検索サービスをインターネットユーザーが実際に利用し、検索した行動に基づき、検索者数、クエリ数(検索数)、検索結果ページビュー数、検索セッション数、検索者の属性情報などをレポートするもの。

 MegaView Searchの2010年4月度月間利用動向データによると、日本の14の主要検索サービスの利用者総数は5205万人だった。また、1か月間の総検索数(クエリ数)は44億5215万回で、クエリ数順ではYahoo!Searchがトップで23億6903万回、次いでGoogle Searchが16億6036万回となっている。また、検索結果ページ数でもトップはYahoo!Searchで50億4026万ページ、次いでGoogleSearchが30億2016万ページとなったとのこと。

 トップのYahoo!Searchの検索タイプ別利用状況をみると、キーワード検索が主体のWeb検索のクエリ数が20億2414万回でYahoo!Search全体の85%を占めていた。また、検索結果ページビュー数でもWeb検索がもっとも利用されており、38億6906万ページでYahoo!Search全体の76%を占めている。また、検索セッション数でもWeb検索がYahoo!Search全体の88%を占め、6億6791万回となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top