玉置浩二コメントに石原真理がブログで反論「悲しい限りです」 | RBB TODAY

玉置浩二コメントに石原真理がブログで反論「悲しい限りです」

エンタメ ブログ

石原真理「皆様へ」と題された5月11日付け日記
  • 石原真理「皆様へ」と題された5月11日付け日記
  • 「本当に悲しい限りです」と心境を語っている
 石原真理との別離について、安全地帯のボーカル玉置浩二が昨日「解決している」と語ったが、これを受けて石原真理もブログを更新。「悲しい限りです」と綴っている。

 「皆様へ」と題した5月11日付け日記では、「本当に本当に沢山の、お心ある応援と励ましを、心より深く感謝致します」という書き出しで始まっている。そして玉置側がコメントしたことを受けて、「彼側がコメントを出したということで御座いましたが、それを受けての言葉、あるいはコメントなどは、何処にも出すつもりは御座いません。公共の電波を使用してあれこれ言うのは恥ずかしいことだと思いますし、今までの歴史の全てが消えてしまいそうであるからです」と、この件についてコメントを出すつもりはないとしている。

 また、玉置が「仕事したら」と語ったことに対しても、「暇な人が暇つぶしの為に文句を言った主旨で書いたような意味の言葉では御座いません」と反論。「一度は、、、いえ、二度も一緒にいた人であるのに、本当に、、悲しい限りです」と現在の心境を語っている。

 石原の以前の結婚を解消できなかったことが別れの原因ではと報道されたことに対しては、「たまに踊り出る戸籍の件も(中略)当時、この思いがけないアクシデントへの解決に向けては 2人で動いていたほどであり、これは関係解消の原因ではありません」としている。最後は「今後もどうか、世の中のためにも嘘や捏造、意味のない美化の言葉などには迷うことのなきようにお願い致します」と結んでいる。「嘘や捏造、意味のない美化の言葉」が具体的になにを指しているのか不明だが、この2人のバトルはまだまだ続きそうだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top