無線LAN搭載、配信コンテンツも楽しめる10.1型デジタルフォトフレーム | RBB TODAY

無線LAN搭載、配信コンテンツも楽しめる10.1型デジタルフォトフレーム

 クーレボは26日、ネットワーク対応のデジタルフォトフレーム「フォトTV」を発表。3月29日からラオックスの各店で発売する。価格は24,800円。

IT・デジタル その他
本体とリモコン
  • 本体とリモコン
 クーレボは26日、ネットワーク対応のデジタルフォトフレーム「フォトTV」を発表。3月29日からラオックスの各店で発売する。価格は24,800円。

 同製品は、最大解像度1,024×600ピクセルの10.1型液晶ディスプレイを搭載したデジタルフォトフレーム。静止画のほか動画や音楽の再生に対応。アラームや時報の機能を備えている。

 大きな特徴はネットワークに対応していること。インターネットに接続(有線/無線LANに対応)すれば、携帯電話やPCから送られた写真を受信して楽しむことができる。また、携帯電話で撮影した写真をフォトTVへ送信して見られるほか、知人などからフォトTVへ写真を送信してもらう、あるいは、知人などのフォトTVへ写真を送信するといった利用も可能となっている。

 ネットワーク機能ではほかに、コンテンツ提供者から配信されるコンテンツを受信することが可能。3月時点で受信できるのは、時事通信社提供の「ニュース」、レシピや占いなどの女性向け「Woman」、子ども向け「子どもアニメ」の3コンテンツ。コンテンツの視聴や、携帯電話・PCから送られた写真の閲覧は、テレビ感覚でフォトTVのチャンネルを合わせるだけで利用できる。

 ネットワーク機能については、購入後から、6ヵ月間分のコンテンツ利用料と、24ヵ月間分の写真受信サービス料が無料になるキャンペーンを実施。期間が経過したあとも申し込みを行なえば利用可能(有料)。

 対応ファイルは、静止画がJPEG/BMP、動画がMotion JPEG/MPEG-1/MPEG-4 SP/ASP/H.264 BP/Flash Video 3/VC-1、音楽がMP3/WMA。1GBのフラッシュメモリを内蔵するほか、SD/SDHC/miniSD/miniSDHC/microSD/microSDHC/MMC/MSやUSBフラッシュメモリに対応。

 内蔵スピーカーは1.5W×2。有線LANは100BASE-TX/10BASE-T、無線LANはIEEE 802.11b/g。インターフェースはUSB1.1/ヘッドホンなど。本体カラーは白/黒/ミッドナイトブルー/ワインレッドの4色をラインアップ。本体サイズは幅260×高さ177×奥行き45mm、重さは810g(スタンド/ACアダプタは含まず)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top