【バンクーバー五輪】いよいよ明日女子フィギュア〜浅田真央は22番目に登場 | RBB TODAY

【バンクーバー五輪】いよいよ明日女子フィギュア〜浅田真央は22番目に登場

エンタメ その他

バンクーバーオリンピックオフィシャルサイト
  • バンクーバーオリンピックオフィシャルサイト
  • Yahoo!スポーツ
 日本時間24日9時30分、フィギュアスケート女子シングルのショートプログラム(SP)が行われる。注目はもちろん、浅田真央、安藤美姫、鈴木明子の日本勢と世界女王・金妍児とのメダル争いだ。
 
 浅田真央、安藤美姫の両“元・世界女王”に金メダルの期待が集まっている女子フィギュアだが、その前に立ちはだかるのは昨季の世界選手権を制した金妍児。金メダルの最有力候補との呼び声も高い強敵だ。今日の最終調整では日本勢、金妍児ともに好調が伝えられており、明日のSP、26日に行われるフリーともに目が離せない戦いとなる。果たして、荒川静香が日本フィギュア史上初の金メダルに輝いたトリノに続き日本勢が連覇を成し遂げるか、世界歴代最高得点の記録を持ち世界大会連勝中の金妍児が女王の意地を見せるか。熱い戦いがいよいよ明日始まる。

 バンクーバー冬季オリンピックの大会オフィシャルサイトでも、試合直前の日本勢のインタビューの様子がアップされており注目の高さがうかがえる。このインタビューで浅田真央は「四大陸選手権や全日本選手権のときよりもトリプルアクセルの調子が良く成功率が上がっている」と語り、自信を見せた。SPをやや苦手としている浅田真央だが、SPの滑走順は金妍児のひとつ前の22番目。自分の演技に集中でき、高得点を挙げれば金妍児にプレッシャーをかけられる絶好の順番となった。鈴木明子は24番目、安藤美姫は最終の30番目に登場。テレビの生中継を見られない人も多いと思うが、Yahoo!スポーツの実況チャンネルなどを利用してリアルタイムで見守ろう。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top