キヤノンと富士通、マネージドサービス分野で協業 〜 クラウド活用でIT機器管理 | RBB TODAY

キヤノンと富士通、マネージドサービス分野で協業 〜 クラウド活用でIT機器管理

エンタープライズ その他

キヤノンマネージド・ドキュメント・サービスonBIZZのイメージ
  • キヤノンマネージド・ドキュメント・サービスonBIZZのイメージ
  • 富士通ワークプレイス-LCMサービスのイメージ
 キヤノンと富士通は16日、プリンティング機器およびIT機器の運用・管理サービスの分野で協業し、キヤノンのプリント管理・運用サービスと富士通のIT管理サービスを組み合わせ、一元的に提供することを発表した。

 オフィスにおける業務内容の多様化・複雑化を背景として協業で合意、キヤノンのドキュメント入出力環境を最適化し包括的に管理・運用する「キヤノン・マネージド・ドキュメント・サービス(Canon Managed Document Services)」と、富士通のIT資産をトータルにサポートする「ワークプレイス-LCMサービス」を組み合わせ、共同で提供していく。また、インターネット経由でソフトウェアや情報サービスを利用できる「クラウドコンピューティング」への対応として、両社の持つ技術を連携させ、管理・運用サービスの基盤を進化させていくとのこと。

 両社は共同でマーケティングおよびアライアンスの推進を行い、ビジネスの企画および支援体制を整備。3月より、キヤノンマーケティングジャパンと富士通が共同で、日本の中堅および大手企業を対象に本サービスの提供を開始し、今後3年間で100社のサポートを目指す。また、今後この協業のグローバル展開も検討する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top