パナソニック、新開発「フル・ブラックパネル」搭載のプラズマテレビ3機種 | RBB TODAY

パナソニック、新開発「フル・ブラックパネル」搭載のプラズマテレビ3機種

IT・デジタル テレビ

「TH-P46V2」
  • 「TH-P46V2」
  • 「TH-P42V2」
 パナソニックは9日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「TH-P50V2」、「TH-P46V2」、「TH-P42V2」を発表。3月5日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はTH-P50V2が360,000円前後、TH-P46V2が300,000円前後、TH-P42V2が260,000円前後。

 3製品は、新開発の「フル・ブラックパネル」を搭載する「新・ビエラ」V2シリーズ。同社の09年PDPと比べて発光効率を約2倍に高めるとともに予備放電レスでも発光を可能にし、1画面内で同時に表示できるネイティブコントラストにおいて500万:1を実現するという。さらに、明所コントラストは従来モデルV1シリーズと比較して約2倍になっており、より「黒」の質感を高めている。

 年間消費電力量はV1シリーズと比べて約20%削減。独自の「エコナビ」を搭載し、センサーで明るさや画質を自動調整したり、使っていない機器の無駄な電力を削減して自動的に省エネを行ってくれる。年間消費電力はTH-P50V2が208kWh/年、TH-P46V2が176kWh/年、TH-P42V2が160kWh/年で、3製品ともにエコポイント対象製品となる。

 また「ビエラリンク」を進化させた「お部屋ジャンプリンク」を搭載。家庭内ネットワークに対応機器を接続することで、録画したテレビ番組やムービー、写真などを、家中のさまざまな部屋で楽しめる。さらに、別売の無線LANアダプタを利用すれば、ワイヤレスで「お部屋ジャンプリンク」を利用可能だ。

 おもな仕様は以下のとおり。

●共通仕様
・画素数:水平1,920×垂直1,080ピクセル
・動画解像度:1,080本
・ネイティブコントラスト:500万:1
・音声実用最大出力:20W
・受信可能チャンネル:VHF:1〜12ch/UHF:13〜62ch/地上デジタル(CATVパススルー対応)/BSデジタル/110度CSデジタル/CATV:c13〜c63ch
・インターフェース:地上デジタル入力/地上アナログ入力/BS・110度CSデジタル-IF入力/HDMI×4/D4/ビデオ入力×3/S2映像入力/ミニD-Sub15ピン/光デジタル音声出力/ヘッドホン/電話回線/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)など
・付属品:据え置きスタンドセット/リモコン/電源コード/B-CASカードなど

●TH-P50V2
・画面サイズ:50V型(アスペクト比16:9)
・本体サイズ:幅122.4×高さ81×奥行き33.5cm(スタンド含む)
・重さ:約30kg(スタンド含む)

●TH-P46V2
・画面サイズ:46V型(アスペクト比16:9)
・本体サイズ:幅113.8×高さ76.3×奥行き33.5cm(スタンド含む)
・重さ:約27.5kg(スタンド含む)

●TH-P42V2
・画面サイズ:42V型(アスペクト比16:9)
・本体サイズ:幅103.5×高さ69.5×奥行き30.8cm(スタンド含む)
・重さ:約24kg(スタンド含む)
《》

関連ニュース

特集

page top