東芝、液晶テレビ「レグザ」にダイナミックコントラスト460万:1で音質も強化した32型 | RBB TODAY

東芝、液晶テレビ「レグザ」にダイナミックコントラスト460万:1で音質も強化した32型

 東芝は14日、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」の新機種として、ダイナミックコントラスト460万:1を可能にした32型「32S5」を発表した。販売開始は7月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は60000円前後。

IT・デジタル テレビ
「32S5」
  • 「32S5」
  • 付属のリモコン
 東芝は14日、液晶テレビREGZA(レグザ)」の新機種として、ダイナミックコントラスト460万:1を可能にした32型「32S5」を発表した。販売開始は7月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は60,000円前後。

 同製品は、画面の直下にLEDバックライトを配置した「ダイレクトLEDバックライト」を採用し、ダイナミックコントラスト460万:1の映像視聴が可能な液晶テレビ。また、従来機種「32BC3」と比べ、スピーカーの開口率を約2.5倍に拡大することで、迫力があり明瞭な音質再現ができるする。

 チューナーは地上/BS/110度CSデジタルを1基搭載。録画機能としては毎回の録画予約の手間を省くことが可能な「簡単連ドラ予約」や、外付けのHDDに録画が可能な「シングルチューナー留守録」に対応する。

 おもな仕様として、VA方式のLEDパネルを採用し、解像度は1,366×768ピクセル。通常コントラスト比は3,000:1。本体サイズは幅73.3×高さ54.6×奥行き14.5cm、重さは5.5kg(スタンドを含む)。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top