NECアクセステクニカ、「TVモード」を搭載した高速無線LANルーター | RBB TODAY

NECアクセステクニカ、「TVモード」を搭載した高速無線LANルーター

IT・デジタル その他

「AtermWR8700N(HPモデル)」
  • 「AtermWR8700N(HPモデル)」
  • 子機の「AtermWL300NE-AG」
  • 子機の「AtermWL300NU-AG」
  • AtermWL300NE-AGのセットモデル概要
  • AtermWL300NU-AGのセットモデル概要
 NECアクセステクニカは8日、無線LANルーター「AtermWR8700N(HPモデル)」を発表。2月中旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は13,000円前後。

 同製品は、同社の高速無線LANルーターのハイエンドモデル。IEEE802.11n/a(5GHz)および802.11b/g/n(2.4GHz)の同時利用が可能となっている。これにより、理論値最大で300Mbps、実行速度最大で180Mbps以上という、業界最高レベルの通信速度を実現したとうたう。映像サービスなどでは干渉が低減される帯域幅の広い5GHzを、PCやゲーム機などでは2.4GHzを用いて周波数帯を同時に使い分けることで、安定した通信が可能とのこと。

 高性能アンテナの内蔵により、200m離れた場所で50Mbps以上、350m離れた場所で40Mbps以上の高速通信を可能にした長距離仕様(同社ではハイパーロングレンジと呼称)。有線LANには1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tのギガビットイーサネットを実装し、最大900Mbps以上の通信速度を実現した。

 加えて、「ひかりTV」や「アクトビラ」などのweb映像サービスを快適にする「TVモード」を搭載。従来までの無線LANでは困難とされてきた滑らかな映像表示を可能にしたという。そのほか、USB2.0ポートを1基設け、外付けHDDやUSBフラッシュメモリを接続しての簡易NAS機能や、消費電力を軽減する「ECOモード」などを搭載した。本体サイズは幅35×高さ160×奥行き128mm、重さは約0.4kg(ACアダプタを除く)。

 また今回は、親機の「AtermWR8700N(HPモデル)」と併せてイーサネットコンバータタイプの子機「AtermWL300NE-AG」、USBスティックタイプの子機「AtermWL300NU-AG」も発表された。どちらも単体発売を行なうが、親機とのセット販売も適用される。子機単体は3月上旬から、セットモデルは2月下旬からの発売となる。予想実売価格は、AtermWL300NE-AGが12,000円前後、AtermWL300NU-AGが7,000円前後。セットモデルはAtermWL300NE-AGとの場合が20,000円前後、AtermWL300NU-AGの場合が16,000円前後。

 コンバータタイプのAtermWL300NE-AGにも「TVモード」が搭載されており、親機とのセットモデルでは初期出荷時に「TVモード」と「無線LAN接続設定」を設定済みのことから、親機・子機間の煩雑な設定が不要とうたう。本体サイズはAtermWL300NE-AGが幅34×高さ98×奥行き133mm、重さが約0.3kg(ACアダプタを除く)。AtermWL300NU-AGは幅28×高さ12×奥行き87mm、重さが約0.02kg。AtermWL300NU-AGはUSBバスパワーとなる。
《小口》

関連ニュース

特集

page top