KDDI、「auフェムトセル」の導入に向けたトライアルを3月より実施 | RBB TODAY

KDDI、「auフェムトセル」の導入に向けたトライアルを3月より実施

エンタープライズ モバイルBIZ

フェムトセルシステムのイメージ図(日立製作所のリリースより)
  • フェムトセルシステムのイメージ図(日立製作所のリリースより)
 KDDIは2日、関東の一部エリアにおいて、宅内用小型基地局「auフェムトセル」のトライアル運用を2010年3月より開始することを発表した。

 「auフェムトセル」は、個人のお客さまの宅内を対象に、半径十メートル程度の小さな範囲の携帯電話の通話エリアを形成する小型基地局。2010年夏の提供開始を予定しており、従来より提供されている、屋外の電波を増幅させ屋内に向けて再送信する「auレピータ」に加え、「auフェムトセル」をラインナップに追加することで、ユーザの環境に合わせたエリアの改善が可能になるという。

 今回のトライアル対象者としては、au携帯電話を利用しており、かつ、auひかり (ホーム、マンション、マンションミニギガ) を契約しているユーザとなり、募集は行わず、KDDIから個別に協力を依頼するとのこと。

 なお同日、日立製作所が、CDMA2000方式のフェムトセルシステムをKDDIから受注したことを発表している。この製品は、ユーザー側に設置されるCDMA2000 1x(音声サービス)とCDMA2000 1x EV-DO(高速データ通信サービス)を同時にサービス提供可能なフェムトセル基地局、局舎側に設置される音声サービス向け呼処理サーバ[SIPサーバ]、ネットワークゲートウェイ装置、およびそれらを管理するためのシステム管理サーバから構成されており、今回のKDDIの「auフェムトセル」に利用されるとのこと。夏頃に本格的商用サービスを予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top