日本エイサー、新型Atom搭載で実売4万を切るネットブック | RBB TODAY

日本エイサー、新型Atom搭載で実売4万を切るネットブック

IT・デジタル ノートPC

パール・シルバー
  • パール・シルバー
  • サファイア・ブラック
  • ルビーレッド
 日本エイサーは、acerブランドのネットブック「Aspire one」の新製品として、新型Atomを搭載した10.1V型ワイド液晶「AO532h」シリーズを発表。1月29日から販売する。価格はオープンで、予想実売価格は、Office Personal 2007搭載モデル「AO532h-123F」が46,800円、非搭載モデル「AO532h-123」が39,800円。

 同シリーズは、厚さ25.2mmで従来機種「AOD250」シリーズよりも0.2mm薄くなり、Aspire oneで10.1V型液晶ディスプレイを搭載するシリーズのなかで薄型化を図ったネットブック。基本性能も向上しており、CPUはインテルのAtomで最新型のAtom N450(1.66GHz)を採用。HDDの容量も、液晶が同サイズの従来機種の160GBから250GBへと増えている。

 おもな仕様として液晶解像度は1,024×600ピクセル。OSはWindows 7 Starter 32ビット版、メモリは1GB(最大1GB)。無線LANはIEEE802.1b/g/n、インターフェースはメモリーカードスロット(SD/MMC/RS-MMC/MS/MS Pro/xD)/USB2.0×3/ヘッドホン/マイクなど。キーボードは日本語88キー。バッテリは3セルで連続駆動時間は約4時間。本体サイズは幅258.5×高さ25.2×奥行き185mm。カラーはパール・シルバー/サファイア・ブラック/ルビーレッド(Office Personal 2007搭載モデルはルビーレッドを除く)を用意する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top