三洋、小型軽量ハンディムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」の新モデル | RBB TODAY

三洋、小型軽量ハンディムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」の新モデル

IT・デジタル デジカメ

薄型・小型化を実現
  • 薄型・小型化を実現
  • 「DMX-CS1」(シルバー)
  • 「DMX-CS1」(ピンク)
  • 「DMX-CS1」(グリーン)
  • 従来モデルとの比較など
  • 「サウンドズーム」機能の詳細
 三洋電機は15日、同社のハンディムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」の新モデルとして「DMX-CS1」を発表。2月19日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、民生用フルHD(1,920×1,080ピクセル)ビデオカメラ、光学ズーム搭載モデルとして、世界最小・最軽量・最薄となるハンディムービー。本体サイズは幅62.5×高さ123.5×奥行き26.8mm、約159g(バッテリ、SDカード含む)。ジーンズのバックポケットに収まるほどのコンパクトなボディを実現した。

 今回の小型化は、「日常を手軽に撮影する」というコンセプトのもとに開発を進めたもの。新たにスリムレンズ、薄型センサーモジュールを開発して搭載した。また、薄型と使いやすさを両立する独自の新エルゴノミクスデザインを採用する。

 液晶は2.7型。動画は最大でフルHD記録が可能(保存形式はMPEG-4 AVC/H.264)。フルHD/HD時の有効画素数は約280万画素、SD時は約330万画素。静止画保存形式はJPEGで、有効画素数は約330万画素。撮像素子は1/5型 約340万画素原色CMOSセンサーで、光学ズームは9倍、デジタルズームは最大で約10倍。

 音声にもこだわり、シーンに応じて音声が鮮明に記録可能な「サウンドズーム」機能を搭載。高いチャンネルセパレーションを有するステレオ録音の「ワイドモード」、正面以外の音を低減し、正面の音を強調録音する「ガンマイクモード」、映像のズーム情報に合わせ、指向性・収音方法を自動的に変更する「ズーム連動モード」に対応する。音声保存形式はAAC。

 そのほか、「手ぶれ補正」機能、「顔検出追尾」機能、撮影したデータのPCへの無線転送/保存が可能な「Eye‐Fi連動」機能(Eye‐Fiカードは別売り)などを備えた。内蔵フラッシュメモリは50MB、外部メディアはSD/SDHCカード(32GBまで)で、大容量・高速な新規格のSDXCカード(64GBまで)にも対応する。インターフェースはHDMI/コンポジット/AV/USB2.0。カラーはシルバー/ピンク/グリーンの3色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top