ひかりTV、USB外付けHDDを使った録画機能と対応HDDの販売を開始 | RBB TODAY

ひかりTV、USB外付けHDDを使った録画機能と対応HDDの販売を開始

IT・デジタル テレビ

USB外付けHDDを使った録画機能イメージ
  • USB外付けHDDを使った録画機能イメージ
  • 番組表からの録画予約イメージ
  • HDCR-U1.0-P
 NTTぷららは、同社が運営する映像配信サービス「ひかりTV」に対応するチューナー「Picture Mate 700」(以下PM-700)の会員ユーザー向けに、USB外付けHDDを使った録画機能の提供を発表。1月15日から開始する。また、同チューナーとの動作確認済み機種のうちアイ・オー・データ機器製の「HDCR-U1.0-P」をひかりTVの会員ユーザー向けに販売し始めた。

 PM-700を利用してテレビサービスの専門チャンネルや地上デジタル放送IP再送信サービスを録画する場合、これまでは、手持ちの録画機器をPM-700とテレビの双方に接続し、機器ごとに予約設定などを行なう必要があった。今回、提供が開始される録画機能では、USB接続の外付けHDDをPM-700のUSBポートに接続することで、簡単に番組を録画することが可能になる(一部録画できない番組・チャンネルあり)。

 また、市販のHDDレコーダーなどで録画する場合、接続形態によってはハイビジョン映像の番組もアナログ映像として録画されることがあった。しかし、今回の録画機能でUSB外付けHDDを利用する場合は、PM-700に接続することで、ハイビジョン映像の番組は高画質なハイビジョン映像(テレビでハイビジョン映像を視聴するためには、PM-700とハイビジョン対応のテレビをHDMIまたはD3端子で接続する必要があり)のまま約140時間の録画(HDD容量が1TBの場合)ができる。

 録画機能の利用条件は、ひかりTVに加入し、対応チューナーPM-700のユーザーであること。録画可能なサービスは、これまでと同様にテレビサービス(一部チャンネルを除く)と地上デジタル放送IP再送信サービスで提供している番組。ビデオサービスやカラオケサービスは録画不可。利用にあたっては、USB外付けHDDをPM-700に接続し、設定画面より認証・フォーマットの操作を行なうだけとなる。番組表から予約したい番組を選択することで録画予約できる。

 今回の発表時点で、動作確認済みのUSB外付けHDDは以下のとおり。動作確認済み機種以外の場合、PM-700と接続しても認識・録画できないことがある。

●アイ・オー・データ機器製「HDCR-U」シリーズ 1TB(型番:HDCR-U1.0)
●アイ・オー・データ機器製「HDCR-U」シリーズ 1TB(型番:HDCR-U1.0-P)
●バッファロー製「HD-CLU2」シリーズ 500GB(型番:HD-CL500U2)
●バッファロー製「HD-CLU2」シリーズ 1TB(型番:HD-CL1.0TU2)

 なお、ひかりTVの会員ユーザー向けに、ぷらら限定販売モデルとして動作確認済み機種のHDCR-U1.0-Pを発売した。価格は9,980円。同製品販売をはじめ、動作確認済み機種の追加情報や操作方法、注意事項、免責事項などの詳細については、ひかりTVのホームページの録画機能に関するページを参照。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top