小池徹平がブラック会社に入社〜徹平&マイコの休日は!? | RBB TODAY

小池徹平がブラック会社に入社〜徹平&マイコの休日は!?

エンタメ その他
小池徹平さんとマイコさん
  • 小池徹平さんとマイコさん
  • 小池徹平さんとマイコさんはそれぞれ映画をPRしていた
  • 小池徹平さんとマイコさんはそれぞれ映画をPRしていた
  • マイコさん
  • マイコさん
  • 盛り上がった質疑応答コーナー
  • 盛り上がった質疑応答コーナー
  • 小池徹平さん
 5日、都内で映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』のサラリーマン&OL限定試写会が行われ、舞台挨拶に主演の小池徹平さん、同僚役のマイコさんが登場した。

 この作品はインターネット上の電子掲示板の書き込みが映画化されたもので、過酷な労働を強いる、いわゆる「ブラック企業」に入社してしまった主人公“マ男”が苦難を乗り越えていく姿を描いたもの。主人公のマ男を演じた小池さんは「いち早くたくさんの方に観て頂きたいなと思ってワクワクしています。メッセージ性が強くて、頑張ることの大切さを教えてくれる作品になっています。同世代の役だったので、中学生役よりは楽でした(笑)。仕事をしてる人なら誰でも共感する部分がたくさんあると思います。それを重く捕らえるのではなくて、笑って軽い気持ちで見て頂けたら嬉しいです。マ男が成長して変わっていく姿に、演じてる僕自身も勇気付けられました」とアピールした。

 マ男の同僚、中西さん役を演じたマイコさんは「完成した作品を観て、すごく笑ったのと同時にパワーをもらいました。ご覧になった皆さんもパワーを感じて頂けたらいいなと思っています。OL役は初めてで、新鮮でした。恋愛一直線の中西さんは私の周りにいないタイプなので、面白いなと思いながら演じさせていただきました。私もマ男のように変わりたいと思っているので、彼が変わっていく様はすごく共感できました。誰でも仕事をする上で壁にぶつかることがあると思うので、エールになればいいなと思っています」と映画をPRした。

 後半は会場のサラリーマンとOLからの質疑応答コーナーになり、「上司との人間関係が難しいです。お二人はどうしていますか?」と質問され、小池さんは「とにかく自分から積極的に話しかけて相手のことを理解して、自分も理解してもらうようにしています」、マイコさんは「やはりコミュニケーションが大事。言い方一つだと思うので、相手の立場を尊重しつつも自分のことを理解してもらうのがいいのでは」と答えた。

 続いて「お仕事と休み、ONとOFFの切り替えを意識していますか?」という質問には「僕は幸い仕事でストレスがあまりたまらないので助かっています。プライベートでは完全に切り替えて気を使わないでダラダラしています」と小池さん。マイコさんは「私も同じで休みの日は本当にだらけてて、一緒に暮らしている人は見ててイライラして呆れられるくらいだと思います(笑)」と語った。

 また、“会社員っていいなと思うこと、芸能人で良かったと思うことは何ですか?”という質問が飛び出し、小池さんは「撮影で真夏に冬の衣装を着て汗をかいたら怒られたり、その逆で冬に夏服とかがあるので、季節に合った服装でいられる会社員の皆さんはいいなと思います。芸能人で良かったのは、ごくたまにですがお店で食事していたらサービスしてくれたときに良かったと思いました(笑)」、マイコさんは「私たちは撮影が終わると仲良くなった共演者やスタッフの皆さんとバラバラになるんです。その点OLの皆さんは一年中一緒にいられていいなぁと思います」と回答していた。

 最後に小池さんは「おもいっきり笑って日頃のストレスを発散してください」マイコさんは「笑えるのと同時に勇気をもらえる作品です。勇気をもらって帰ってください」とコメントし会場を後にした。映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』はアスミック・エース配給で11月21日(土)、シネクイントほかで全国ロードショー。
《野路敬生》

関連ニュース

特集

page top