日立、「プライベートクラウドソリューション」をメニュー化 〜 ビジネスPaaSも強化 | RBB TODAY

日立、「プライベートクラウドソリューション」をメニュー化 〜 ビジネスPaaSも強化

エンタープライズ その他

「Harmonious Cloud」の概要
  • 「Harmonious Cloud」の概要
  • 価格と提供時期
 日立製作所は30日、同社のクラウドコンピューティング環境ソリューション「Harmonious Cloud」において、複数の仮想化技術に対応し、ユーザー企業内にクラウド環境を構築する「プライベートクラウドソリューション」をメニュー化し、提供を開始した。また、同時に、「ビジネスPaaSソリューション」を強化する。

 「プライベートクラウドソリューション」のメニュー化では、特にサーバ仮想化技術については、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のサーバ仮想化機構Virtage(バタージュ)に加え、VMware、Hyper-Vもサポートし、ユーザーの要件に応じて複数の仮想化技術を選択可能とした。また、1つの物理サーバに複数の仮想サーバを搭載可能なサーバ仮想化技術と、万一の災害に備えデータを自動で遠隔地サイトにバックアップできる日立ストレージソリューションを組み合わせて、クラウド環境のディザスタリカバリを可能にした。ストレージとの連携はサーバ仮想化技術ごとに差があることから、日立は、Virtage、VMware、Hyper-Vそれぞれの仮想化環境について検証を実施、クラウド環境上のシステムが、地震などの災害を受けた際には、フェイルオーバして、遠隔地サイトに切り替えて業務を継続できる。

 「ビジネスPaaSソリューション」においては、「可用性強化サービス」で今回あらたに、ホットスタンバイを可能としたクラスタ構成や、複数Webサーバの間で負荷分散を可能とし冗長性を高めるロードバランシング構成をサポートするなど、信頼性を高めるサービスを強化した。 同時に、「プラットフォームリソース提供サービス」に、ユーザーのアプリケーション運用を代行するオプションを新設。これにより、プラットフォームだけでなくITシステム全体についての運用・管理の効率化を図ることができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top