リコー、好評を得たコンパクトデジカメ「CX1」の後継機種「CX2」を9月11日から発売 | RBB TODAY

リコー、好評を得たコンパクトデジカメ「CX1」の後継機種「CX2」を9月11日から発売

IT・デジタル デジカメ

CX2(ブラック)
  • CX2(ブラック)
  • CX2(液晶部分)
  • CX2(シルバー)
  • CX2(ツートン)
 リコーは20日、コンパクトデジタルカメラ「CX2」を発表。9月11日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円台後半の見込み。

 CX2は、2009年3月に発売され好評を得た「CX1」の後継機種。光学ズームがCX1の7.1倍から10.7倍へと進化。これにより、35mm判換算での焦点距離が28〜300mmと、より柔軟に広角から望遠まで対応可能となっている。さらにズームレバーをまわし続けると高速ズームに変化するズーム機能を装備。

 CX1では秒間約4コマだった静止画の高速連写機能が、秒間約5コマへと向上。これまで以上の高速連写が可能となった。また、シャッターボタンを離す直前の連続画像を記録する「M連写プラス」機能に「M連写プラス(9M)」モードが追加。

 画像エンジンの「スムースイメージングエンジンIV」、1/2.3型CMOSセンサー、「画素出力補間アルゴリズム」はCX1と同様。露出が異なる2枚の静止画を高速で連続撮影し、適正露出部分を合成した画像を記録する「ダイナミックレンジダブルショットモード」には、カメラが自動で最適な露出差を設定する「AUTO」を追加した。

 シャッターボタンを半押しすることなく、被写体にすばやく確実にピントを合わせる「プレAF」、半押しした状態で被写体の動きを検出した場合、その動きに合わせて自動的にフォーカスを合わせる「コンティニュアスAF」を搭載。加えてこれまで最大4人までの対応だった顔検出機能が最大8人まで向上し、検出速度もアップしたという。

 撮影効果の新機能として、通常のモノクロモードよりもコントラストを強調した撮影が可能な「ハイコントラスト白黒モード」、画像の天地部分をぼかして撮影できる「ミニチュアライズドモード」を搭載。また、フラッシュ、AF補助光、操作音がオフになる「マナーモード」を設け、美術館や博物館など静かな場所での撮影に配慮した。

 広角側が1cmまで近寄れるマクロ機能は引き続き装備され、望遠側は28cmまで。また、撮影した画像の中から見たい画像を迅速に表示可能な「クリップ機能」が進化し、20ファイルまで登録可能となった(これまでは3ファイル)。CX1は滑らかなグリップを採用したが、「滑りやすい」という指摘を受けたことでグリップ部分を手になじみやすい形状に変更。ビジュアル的にも、若干異なったイメージとなっている。カラーはブラック/シルバー/ツートン(グレー×ピンク)の3色を用意。

 おもな仕様は以下のとおり。

●CX2
・有効画素数:約929万画素
・撮像素子:1/2.3型CMOSセンサー(総画素数約1,029万画素)
・焦点距離:f=4.9〜52.5mm(35mm判換算で28〜300mm)
・F値:F3.5(広角)〜F5.6(望遠)
・レンズ構成:7群10枚(非球面レンズ5面4枚)
・光学ズーム:10.7倍
・手ブレ軽減機能:イメージセンサーシフト方式ブレ補正機能
・液晶ディスプレイ:3型
・ファイル保存形式:JPEG(静止画)/AVI(動画)
・内蔵フラッシュメモリ:約88MB
・外部対応メディア:SD/SDHCカード(最大32GBまで)
・インターフェース:USB2.0 mini-B/AV
・本体サイズ:幅101.5×高さ58.3×奥行き29.4mm
・重さ:約185g(バッテリ/SDカード/ストラップは含まず)
《小口》

関連ニュース

特集

page top