「スカパー!HD」でハイビジョン録画が可能に! | RBB TODAY

「スカパー!HD」でハイビジョン録画が可能に!

IT・デジタル テレビ

スカパー!HD録画
  • スカパー!HD録画
  • 東芝製「RD-X9」など全9機種がスカパー!HD録画に対応
 スカパー!は18日、スカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」における「スカパー!HD録画」対応ソフトウェアのダウンロードを開始した。

 スカパー!HD録画は、「スカパー!HD」をデジタル録画可能なサービス。SP-HR200Hを今回ダウンロードが開始されたソフトウェアでバージョンアップし、スカパー!HD録画に対応したレコーダーを接続することにより、ハイビジョン画質での録画が可能となる。

 スカパー!HD録画には、東芝製のハイビジョンレコーダー「RD-X8」、「RD-S503」、「RD-S303」がバージョンアップにより対応済み。さらに9月上旬発売予定の「RD-X9」、「RD-S1004K」、「RD-S304K」も対応予定となっている。これら対応予定の3モデルは、それぞれHDD容量2TB/1TB/320GBを搭載し、業界で初めてUSB外付けHDD増設に対応した機種になっている。予想実売価格はRD-X9が120,000円前後、RD-S1004Kが90,000円前後、RD-S304Kが70,000円前後。

 また同日、アイ・オー・データ機器製のハイビジョンレコーディングHDD「LAN DISK AV HVL1-G」シリーズ、「同 HVL4-G」シリーズがサービスに対応。同社サイトで配布されたファームウェアを最新にアップデートすることで、スカパー!HDのハイビジョン録画が可能となった。HVL1-Gは500GB/1TB、HVL4-Gは2TBのHDDを搭載。価格は500GBが22,050円、1TBが30,975円、2TBが66,780円。ただし直販サイトでは現在セールを行なっており、500GBが19,800 円、1TBが27,800 円、2TBが59,800円で予約を受け付けている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top