アイオー、録画番組をムーブ・保存できる外付けHDDを約32%値下げ——新機能への対応も予定 | RBB TODAY

アイオー、録画番組をムーブ・保存できる外付けHDDを約32%値下げ——新機能への対応も予定

 アイ・オー・データ機器は、東芝製液晶テレビ「REGZA」シリーズのコンテンツムーブ機能に対応した外付けHDD「HVL4-G2.0」の価格改定を実施。約32%の値下げとなっている。

IT・デジタル ノートPC
HVL4-G2.0
  • HVL4-G2.0
  • REGZAのダビング機能に対応
  • 2009年6月よりVARDIAへのムーブに対応
 アイ・オー・データ機器は、東芝製液晶テレビ「REGZA」シリーズのコンテンツムーブ機能に対応した外付けHDD「HVL4-G2.0」の価格改定を実施。約32%の値下げとなっている。

 同製品は、REGZAで録画した地デジを家じゅうどこでも楽しめる容量2TBの外付けのハイビジョンレコーディングHDD。録画番組をムーブすることで、他のREGZAテレビやDLNA対応テレビでも共有視聴することができる。旧価格106,300円から新価格72,200円へと34,100円分、約32%の値下げとなった。

 2009年6月には、124/128度CSデジタル放送 「スカパー!HD」対応チューナーに接続することで、ハイビジョン放送の録画が可能な「スカパー!HD録画」に対応予定。同時にスカパー!HD対応チューナー「SP-HR200H」にも対応し、LANケーブル1本で接続することで録画が可能となる。

 また、2009年6月に東芝製ハイビジョンレコーダー「VARDIA」シリーズで、スカパー!HD録画に対応したモデルへのムーブが可能になる予定。気に入ったコンテンツをVARDIAで編集し、DVDで残すことができる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top