これでパパも撮影係から解放! ソニー、ユニークな自動撮影アクセサリ「Party-shot(パーティーショット)」 | RBB TODAY

これでパパも撮影係から解放! ソニー、ユニークな自動撮影アクセサリ「Party-shot(パーティーショット)」

IT・デジタル デジカメ

Party-shot「IPT-DS1」
  • Party-shot「IPT-DS1」
  • DSC-WX1をセットしたパン(回転)時の動きのイメージ
 ソニーは6日、「カメラがカメラマンになる」機能を備えたユニークな自動撮影アクセサリ「Party-shot『IPT-DS1』」を発表。9月4日から発売する。価格は14,910円。

 同製品は、同日発表された同社のコンパクトデジタルカメラ「DSC-TX1」、「DSC-WX1」と組み合わせることで自動撮影が可能なアクセサリユニット。円盤状の本体にカメラをドッキングさせ、電源を入れるだけで自動撮影モードがスタート。人物の顔を探して自動でパン(回転)、チルト(角度調整)、ズーム動作を行ない、構図とタイミングを考えて自動撮影してくれるという。

 顔検出や笑顔検出にはカメラ側の機能を利用することで、被写体の顔の動き・人数・大きさなどを元に最適な構図に調整。最大8人までの検出が可能で、例えばテーブルの上などに設置し、家族の団らん、親族の集まり、友人同士のパーティーなどで効果を発揮するとしている。また、カメラ目線を意識することなく、自然な表情を残せるともうたう。

 一時停止機能と兼用のメニューボタンを押すだけで、本体の設定が可能。メニューには    「パン回転角度制限 (無制限/180度/90度)」、「撮影頻度(高/中/低)」、「フラッシュ(オート/オフ)」を装備。ただしDSC-WX1のフラッシュ設定は、Party-shot側では行なうことができない。

 単3形アルカリ乾電池(2本)使用で約11時間駆動。本体サイズは幅128×高さ34×奥行き118mm、重さは175g(ベース1個、プレート1個を含む、電池含まず)。入力端子はDC IN/VIDEO OUT/マルチ接続。
《小口》

関連ニュース

特集

page top