水中撮影/ハイビジョン動画撮影を両立したペンタックスブランドのコンパクトデジカメ | RBB TODAY

水中撮影/ハイビジョン動画撮影を両立したペンタックスブランドのコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

PENTAX Optio WS80(ブラックプラスオレンジ)
  • PENTAX Optio WS80(ブラックプラスオレンジ)
  • PENTAX Optio WS80(ホワイトプラスパープル)
 HOYAは6日、ペンタックスブランドのコンパクトデジタルカメラ「PENTAX Optio WS80」を発表。8月27日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円台後半の見込み。カラーはブラックプラスオレンジ/ホワイトプラスパープルの2色。

 同製品は、幅91.5×高さ59.5×奥行き22mmと手のひらに収まるほどのコンパクトサイズ。手軽にアウトドアに持ち運べることをコンセプトに、IPX8(JIS保護等級8)相当に準拠した防水性能を装備。水深1.5mで連続2時間の水中撮影を可能にした。また、JIS保護等級6級(耐じん形)に準拠した防塵性能を備え、レンズ前面の保護ガラスには独自のSP(Super Protect)コーティングを施している。これにより、砂や泥などが付着した場合にも水洗い可能だという。

 光学ズームは5倍、焦点距離は35mm判換算で約35〜175mm相当。光学ズームでの画質を維持したまま拡大撮影可能なインテリジェントズーム機能を装備し、最大で約28.5倍相当の高倍率ズームも可能となる。また、2枚の撮影画像をカメラ内で合成し、35mm判換算で約25.4mm相当の広角表現が可能な「デジタルワイド」機能も搭載している。

 動画はハイビジョン撮影(1,280×720ピクセル、アスペクト比は16:9)が可能で、フレームレートは30コマ/秒。ただし、カメラ本体のAV出力を利用した場合は通常解像度の出力となるため、ハイビジョン動画再生にはPCへのデータ転送が必要となる。動画撮影時には手ぶれを自動補正する「Movie SR」機能、水中動画撮影の最適設定を行える「マーメイドムービー」モードなどを搭載した。

 手ぶれ軽減機能には「電子式手ぶれ補正」、「高感度ぶれ軽減モード」を採用。そのほかのおもな撮影機能としては、「ソフト」、「トイカメラ」、「色抽出」などの効果が選択できる「デジタルフィルター」、8種類の撮影シーンをカメラが自動選択する「オートピクチャー」機能、被写体にピントを合わせ続ける「高速自動追尾AF」、最高3枚の画像をカメラ内で1枚に合成可能な「パノラマ」モードなどを備えた。

 おもな仕様は以下のとおり。

●PENTAX Optio WS80
・有効画素数:約1,000万画素(総画素数約1,034万画素)
・撮像素子:1/2.3型CCD
・焦点距離:6.2〜31 mm(35mm判換算約35〜175mm)
・F値:3.8(ワイド)〜F4.7(テレ)
・撮影距離:標準0.4m〜∞(ズーム全域)/マクロ0.1〜0.5m(ズーム域の中間部)
・静止画保存形式:JPEG
・動画保存形式:AVI(Motion JPEG準拠)
・音声保存形式:WAV
・液晶ディスプレイ:2.7V型
・内蔵フラッシュメモリ:約33.6MB
・外部対応メディア:SD/SDHCカード
・バッテリ:リチウムイオン充電池
・インターフェース:USB2.0/AV
・本体サイズ:幅91.5×高さ59.5×奥行き22mm
・重さ:約125g(バッテリ/SDカード含む)
・付属品:バッテリ/バッテリー充電器/ACコード/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど
《小口》

関連ニュース

特集

page top