米グーグル最高経営責任者エリック氏が米アップル取締役を辞任——中核事業の重複が理由 | RBB TODAY

米グーグル最高経営責任者エリック氏が米アップル取締役を辞任——中核事業の重複が理由

IT・デジタル ノートPC

 米Apple(アップル)は現地時間3日、2006年8月からアップル取締役会のメンバーだったエリック・シュミット博士が、同社の取締役を辞任することを発表。

 エリック氏は米Google(グーグル)の最高経営責任者。アップルの最高経営責任者スティーブ・ジョブズ氏のコメントによれば、グーグルがAndroidやChrome OSなど、アップルの中核事業に参入する機会が増えたことで、今後はアップル取締役としてエリック氏の貢献度が低くなっていくことが大きな理由だという。双方話し合いの結果、今が最適なタイミングであると判断したとのことだ。
《小口》

関連ニュース

特集

page top