アイシロン、スケールアウトNASがSPECsfs2008のベンチマーク結果で46,000IOPS達成 | RBB TODAY

アイシロン、スケールアウトNASがSPECsfs2008のベンチマーク結果で46,000IOPS達成

エンタープライズ ハードウェア

Isilon IQ S シリーズ
  • Isilon IQ S シリーズ
 アイシロン・システムズは4日、Isilon IQ S-SeriesがStandard Performance Evaluation Corporation(SPEC)sfs2008でのテストにおいて、1秒あたり46,000以上の処理(IOPS)を達成したことを発表した。

 OneFSオペレーティング システムとクラスタ・アーキテクチャにより、Isilon IQ 5400Sは46,635IOPSと1.9ミリ秒のレスポンスタイムを記録したとのこと。これは史上初となるスケールアウトNASソリューションのベンチマーク結果発表となる。SPECsfs2008ベンチマークテストでは、Isilon IQ 5400Sを10ノード使用し、単一ファイルシステムで54TBを構成。5400Sは、単一クラスタ・単一ファイルシステムで144ノードまで拡張が可能で、クラスタにノードを追加するごとに線形的にIOPS、スループットおよび容量を同時に拡張可能となっている。

 アイシロンが提供するIsilon IQスケールアウトNASソリューションは、高スループットにより、サーバ仮想化、メディア/エンターテインメント、ライフ サイエンス、設計/シミュレーションにおけるデータが集中するアプリケーションの高い並行データ アクセス要求に対応する製品。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top