NTT Com、「Arcstar IP-VPN」ルーターレスプランの提供を開始 | RBB TODAY

NTT Com、「Arcstar IP-VPN」ルーターレスプランの提供を開始

エンタープライズ その他

「Arcstar IP-VPN」ルーターレスプランの特長
  • 「Arcstar IP-VPN」ルーターレスプランの特長
  • 想定利用シーン
  • 利用料金
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3日、企業向けVPNサービス「Arcstar IP-VPN」において、宅内のルーター機能をNTT Comのネットワークで実現する「ルーターレスプラン」の提供を開始した。

 「Arcstar IP-VPN」のバーストイーサタイプ(ルーターレスプラン) バースト10、イーサタイプ(NTT東日本・西日本ワイド利用 ルーターレスプラン) 0.5Mbps〜10Mbpsのアクセス回線において、あらたなプランとして提供する。これにより接続に必須である顧客宅内ルーターの設置が不要となり、回線終端装置にPC端末をつなぐだけでArcstar IP-VPNが利用できる。複数のPC端末がある場合も、L2スイッチを回線終端装置に接続することで簡単にArcstar IP-VPNにつながる(PC端末、L2スイッチの事前設定が必要)。

 帯域の一部を確保し、データ量が増加した場合はイーサネット物理インターフェイス速度まで利用できるバーストイーサタイプをはじめとするアクセス回線などが利用でき、従来のアクセス回線の定額通信料より10,500円(税込)安価となる、月額52,500円(税込)〜で利用可能。想定利用シーンとしては大〜中規模クラスのLANを利用する拠点には従来のイーサアクセス回線を適用し、PC端末台数の少ない小規模拠点や遠隔地拠点にはルーターレスプランを適用することで、ネットワークサービス全体の運用管理コストを軽減することが可能。さらにSaaSアプリケーションと組み合わせて利用することにより、サーバやルーターを準備することなく、より手軽にサービスを利用できる。たとえば、セキュアICT over VPNと組み合わせて利用する場合、インターネット接続やメール、ウィルスチェックなどの必要な機能を運用管理の手間をかけずに簡単に利用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top