キャリアに関係なく、災害用伝言板が検索可能に 〜 ドコモ・au・SB・ウィルコム・EMなど5社が協力 | RBB TODAY

キャリアに関係なく、災害用伝言板が検索可能に 〜 ドコモ・au・SB・ウィルコム・EMなど5社が協力

エンタープライズ モバイルBIZ

 電気通信事業者協会(TCA)の会員であるドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの携帯電話・PHS事業者5社は29日、各事業者間を跨る「災害用伝言板横断検索機能」を協力して開発し導入することを発表した。今年度末を目途にサービスの提供を開始する。

 現在、固定電話の「災害用伝言ダイアル171」は共同運用の形が取られており、固定系の電話は登録・確認とも各事業者の機能が統一されている。しかし携帯電話・PHSの「災害用伝言板」は、各事業者が別個に運営しており、登録・確認とも各事業者の提供する伝言板で行う必要がある。そのため、携帯電話・PHSの「災害用伝言板」を確認する場合は、知りたい相手先の加入する電気通信事業者を事前に認知しておく必要があった。もしそれが分からなかった場合は、各事業者の「災害用伝言板」をいちから順に探していく必要があるほか、操作も煩雑となる。そういった背景から、携帯電話・PHSにおいても固定電話に準じた使い易い「災害用伝言板」の登場が待たれていた。

 総務省主催の「重要通信の高度化の在り方に関する研究会」では、携帯電話・PHSについても「災害用伝言板」の横断的検索を早期に実現することが必要である旨の提言がなされてた。今回、災害時における緊急連絡用ツールとしての重要性にかんがみ、利用者の利便性を向上させるため、今般電気通信事業者協会を仲介として、携帯電話・PHS事業者5社が、災害用伝言板横断検索機能を協力して開発し導入することになったという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top