NEC、温室効果ガスの排出削減を2年前倒しで達成 〜 「環境アニュアル・レポート2009」発行 | RBB TODAY

NEC、温室効果ガスの排出削減を2年前倒しで達成 〜 「環境アニュアル・レポート2009」発行

エンタープライズ その他

「環境アニュアルレポート2009」ページ(画像)
  • 「環境アニュアルレポート2009」ページ(画像)
 NECは3日、「NEC環境アニュアル・レポート2009」「CSRアニュアル・レポート2009」「NEC環境アニュアル・レポート2009」の内容を公表した。

 これらのレポートは、「人と地球にやさしい情報社会」の実現にむけて、2008年度の同社の環境活動およびCSRの成果をまとめたものとなっている。

 「環境アニュアル・レポート2009」では、2003年3月に発表した「NEC環境経営ビジョン2010」で掲げられた「2010年度にCO2排出“実質ゼロ”」の目標に対する進捗と、目標達成に向けた取り組みをはじめ、2008年度の環境活動について報告している。それによると、生産・オフイス活動による温室効果ガス(CO2換算値含む)の総排出量は、2007年度の208万tから43万t削減して165万tとなり、2010年の目標(163万t)を2年前倒しでほぼ達成したという。CO2以外の温室効果ガスについては、除害設備の導入などにより、2007年度の70万tから33万t削減して37万tとなり、これも2010年度の目標(50万t)を2年前倒しで大幅達成したとのこと。製品においては、省エネ化により使用時のCO2排出量を2005年度製品比で45%削減。さらに、2010年度までの目標を従来の50%から60%へ高め、製品の環境競争力強化を目指すとしている。ITソリューションの提供による顧客のCO2排出削減量は、2007年度の105万tから84万t増え189万tとなり、2010年度220万tの目標に向け順調に推移。京都議定書第一約束期間で累計1,000万tのCO2排出削減貢献を目指すとのこと。

 「CSRアニュアル・レポート2009」では、Web版にて、詳細な情報を報告するとともに、CSRダイジェスト2009(冊子ハイライト版)にて「NECが優先的に取り組む7つのテーマ」に関する取り組みを報告している。同社では7つのテーマとして、(1)気候変動(地球温暖化)への対応と環境保全、(2)すべての人がデジタル社会の恩恵を享受、(3)セキュリティを多面的に確保(安全・安心な社会づくり)、(4)信頼性の高い情報通信インフラの構築、(5)お客さまとの信頼関係の構築、(6)働きやすい職場づくりとグローバルな人材育成、(7)リスクマネジメントの強化とコンプライアンスの徹底、を掲げており、これらを軸に今後も企業の社会的責任を果たしたいとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top