メールの送受信で環境活動に貢献できる、CO2排出権付のウィジェット「ソトコトノハ」無償提供開始 | RBB TODAY

メールの送受信で環境活動に貢献できる、CO2排出権付のウィジェット「ソトコトノハ」無償提供開始

ブロードバンド その他

送信メッセージ画面(イメージ)
  • 送信メッセージ画面(イメージ)
  • 送信履歴画面(イメージ)
  • メールソフトで受信したメッセージ画面(イメージ)
  • 「ソトコトノハ」サイト
 木楽舎が発刊する月刊「ソトコト」とソニーの提供するウィジェットサービス“FLO:Q(フローク)”は29日、メールの送受信で手軽に環境活動に貢献できるグリーティング ウィジェット「ソトコトノハ」の無償提供を開始した。

 「ソトコトノハ」は、簡単な操作でHTMLメールを送信できる、葉っぱデザインのパソコン用ウィジェット。『ソトコトノハ』を利用してメールを送信すると、本文の文字数1,000文字あたりにつき、1gのCO2排出権を「ソトコト」が日本政府の償却口座に寄付する(1日の上限は、1ユーザーにつき5g)。送信されたメッセージは、一般的なメールと同様に、メールソフトで受信可能。送信メッセージは、HTMLを利用した特別なデザインが施される。ソニーは、木楽舎の主旨に賛同し、ウィジェットの制作継続的な機能開発、サーバを含むサービス運用の面で「ソトコトノハ」を支援するもの。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top