お菓子やコーヒー、トイレも!? あなたの職場でのやる気アップ術は? | RBB TODAY

お菓子やコーヒー、トイレも!? あなたの職場でのやる気アップ術は?

 日本のビジネスパーソンはどんな方法で仕事中のやる気をアップさせているだろうか。アイシェアは20代から40代のネットユーザー男女553名にアンケート調査を実施した。

エンタメ その他
調査結果
  • 調査結果
 勤勉と言われる日本のビジネスパーソンだって、やる気が起きないときもある。そんなとき、ビジネスパーソンはどんな方法でやる気をアップさせているだろうか。アイシェアは20代から40代のネットユーザー男女553名にアンケート調査を実施。現在就職しているとした397名(全体の71.8%)の回答を集計した。

 やるべき仕事があるのに、職場でやる気が出ないことはあるか?と聞いたところ、「よくある」が31.0%、「たまにある」が55.2%で、合わせて86.1%がやる気が出ないことがあると回答。「ない」とした人は13.9%だった。

 やる気が出ないことが「よくある」「たまにある」と答えた人に、職場でやる気が出ないとき、どんな方法でやる気を出しているか、当てはまる項目をすべて挙げてもらった結果、「軽食やお茶・コーヒーなど飲み物を摂る」が53.5%でトップ。女性では60.6%と男性の48.8%を10ポイント以上上回り、20代でも60%を超えた。

 2位は「トイレに行く」37.1%。こちらも女性と20代で40%以上と他に比べ高いのが目立った。3位は「誰かと話す」が31.3%で続き、男性で34.6%と女性に比べやや高め。以下「終業後の楽しみを考える」が24.3%、「ストレッチなど軽い運動をする」が23.7%と、トップ5にはデスクを離れて仕事以外のことで気分を入れ替える方法が並んだ。

 一方、6位以下には「ネットサーフィンをする」が21.1%、「机の整理をする」が15.5%、「パソコンのデータを整理する」が14.6%、「作業計画を作る」が12.6%と、自分のデスクで行う方法が続いた。

 また「その他」を選んだ人では、「タバコを吸う」と回答した人が多かった点も印象的だった。愛煙家にとって「仕事の合間の一服」は、今も重要なモチベーションアップ術のようだ。

 さらに、やる気が出ないことがあるとした人に、とっておきのやる気の出し方について自由回答形式で教えてもらったところ、「ヒーリングCDを聞く」「夢や目標をあらためて振り返る」といった意見のほか、「休日のツーリング」「休みの計画を考える」など、休日にしっかりリフレッシュしてやる気をアップさせている人が目立った。

 しかし、いくらやる気が出たとしても、それが一時的なものでは意味がない。やる気をいかに保つかこそ、ビジネスパーソンの永遠の課題ではないだろうか。そこで、やる気が出ないことがないという人に対し、やる気を保つ秘訣についても自由回答形式で答えてもらうと、「仕事をマンネリ化しない」「何事にも遊ぶつもりで取り組む」「新しいことを発見する」など、仕事を面白くする自分なりの方法を持っている人が多かった。

 ほかにも「仕事に対する責任感を常に意識する」「自分の意思で納得して仕事をする」など、仕事に何らかの意義を見出していると思われる意見が目立つ結果となった。

 やる気を起こしたり維持したりする方法は人それぞれだが、大事なのはその方法が自分に合っているかどうなのかもしれない。残念ながらなかなかやる気が出ないという人は、こうした意見を参考に、新たな対処法を試してみてはいかがだろうか?
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top