「これって地デジ詐欺?」そんなときは… 〜 総務省 関東総合通信局が注意喚起 | RBB TODAY

「これって地デジ詐欺?」そんなときは… 〜 総務省 関東総合通信局が注意喚起

 地デジ移行のための費用を要求する、いわゆる「地デジ詐欺」が発生している。総務省 関東総合通信局は18日、「ケーブルテレビ事業者」を装った詐欺に注意するよう注意喚起の文書を公開した。

ブロードバンド その他
地デジカ(PRサイトより)
  • 地デジカ(PRサイトより)
 SMAP草なぎ剛くんから地デジカへのキャラクターバトンタッチというハプニングもあったが、2011年7月の地上デジタル放送(地デジ)への完全移行は、認知が急上昇。全国的に環境も整いつつある。現在工事中あるいは準備中といったマンションや家庭も多いだろう。
 
 その一方で、地デジ移行のための費用を要求する、いわゆる「地デジ詐欺」も発生している。総務省 関東総合通信局は18日、「ケーブルテレビ事業者」を装った詐欺に注意するよう注意喚起の文書を公開した。それによれば、千葉県内のケーブルテレビ事業者から、地元のケーブルテレビ事業者名を名乗り、「地デジ移行に伴いアンテナを設置する必要があるため、設置費用を事前に振り込むよう」促された事例が発生したという。ケーブルテレビ事業者からそのような請求を行った事実は、もちろんないとのこと。

 関東総合通信局では、本件について、実害はなかったが、「悪質商法」と疑わしき事例として、関係機関へ情報提供するとともに、注意喚起を要請したという。それにあわせて、地上デジタルテレビの受信に関して、身に覚えない代金の請求を受けた場合や疑わしい工事の勧誘を受けた場合には、すぐには支払わず、ただちに総務省関東総合通信局、地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター、あるいは近くの警察署、消費者生活センターに相談するよう呼びかけている。

 連絡先は、地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター、電話0570-07-0101まで(IP電話等、ナビダイヤルがつながらない場合は電話03-4334-1111)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top