総務省、町内会単位の地デジ説明会をスタート! 〜 「デジサポ」が本格活動開始 | RBB TODAY

総務省、町内会単位の地デジ説明会をスタート! 〜 「デジサポ」が本格活動開始

 総務省 関東総合通信局は29日、東京多摩地区・群馬県・埼玉県・神奈川県内等において町内会単位の説明会をスタートすることを発表した。

ブロードバンド その他
「デジサポ」(総務省テレビ受信者支援センター)サイト(画像)
  • 「デジサポ」(総務省テレビ受信者支援センター)サイト(画像)
 総務省 関東総合通信局は29日、東京多摩地区・群馬県・埼玉県・神奈川県内等において町内会単位の説明会をスタートすることを発表した。

 受信機器などのデジタル化対応が遅れがちになると想定される高齢者・障がい者が対象。地デジの必要性や対応方法などについて、きめ細やかな説明および働きかけを行うための具体的な取組みとなる。「デジサポ」(総務省テレビ受信者支援センター)が実施するもので、地デジについて町内会や老人クラブ等に説明員を派遣する。さらに今後は、必要に応じて相談員が各宅を訪問する。同センターでは、集合住宅や辺地共聴施設の管理者への助言、受信不良の地区を把握し、対策検討要請なども行うとのこと。

 各地域における説明会については、6月より「デジサポ」(総務省テレビ受信者支援センター)ホームページにて案内される予定。なお当面の一般説明会は、伊勢崎市、草加市、伊勢原市、町田市などで開催される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top