ソフトバンクモバイル、ケータイメールとらくらく連動自動再生フォトフレームの発売日決定 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、ケータイメールとらくらく連動自動再生フォトフレームの発売日決定

IT・デジタル デジカメ

PhotoVision HW001 ブラック/ホワイト
  • PhotoVision HW001 ブラック/ホワイト
 ソフトバンクモバイルは、5月19日に発表した通信機能付きのデジタルフォトフレーム「PhotoVision HW001」の発売日を6月12日に決定した。価格は18,960円。

 同製品は、ソフトバンク/ディズニーモバイル携帯メールのみ受信可能。写真付メールをダイレクトに受信し、送られてきた写真を自動で再生。PC設定やメモリカードの移動といった手間を省き、すぐにスライドショーを楽しむことができる。スライドショーには13のパターンを用意し、気分や好みによって表示方法を変えることができる。ただし、画像添付メールのみ受信可能で、HTML形式(デコレメールやマイ絵文字が使われているものを含む)は破棄されるので注意が必要。

 ディスプレイは7V型ワイド液晶を採用。画面操作は直感性を活かしたタッチパネル式になっている。カレンダー/時計表示を装備。写真と組み合わせることで、さまざまな表示ができる。そのほか、メモリカードスロットを備え、外部メモリによってデータの移動が可能。

 12日の発売と同時に、同社では「フォトビジョンデビューキャンペーン」と銘打ち、月額使用料金490円のキャンペーンを開始(2010年1月12日まで)。この料金プランは、PhotoVisionの新規購入を伴う新規契約と同時の場合にのみ利用可能。カラーはブラック/ホワイトの2色。なお、同じく5月19日に発表されたハローキティバージョン「PhotoVision HW001 KT」の発売日は7月下旬予定のまま。

 おもな仕様は以下のとおり。

●PhotoVision HW001
・ディスプレイ:7V型ワイド液晶(480×800ピクセル)
・通信速度:384kbps
・メール:S!メール(MMS)受信表示
・内蔵メモリ:約384MB
・対応ファイル形式:JPEG/BMP/GIF
・インターフェース:メモリカードスロット(SD/SDHC/MMC)
・本体サイズ:幅213 × 高さ151 × 奥行き32 mm
・重さ:約510g
・付属品:ACアダプタなど
《小口》

関連ニュース

特集

page top