【COMPUTEX TAIPEI 2009(Vol.5)】AMD、デスクトップPC向けデュアルコアプロセッサ2製品 | RBB TODAY

【COMPUTEX TAIPEI 2009(Vol.5)】AMD、デスクトップPC向けデュアルコアプロセッサ2製品

IT・デジタル ノートPC

AMD Athlon IIプロセッサのロゴ
  • AMD Athlon IIプロセッサのロゴ
  • AMD Phenom IIプロセッサのロゴ
 日本AMDは3日、台湾・台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2009」において次世代「AMD Athlon IIプロセッサ」と「AMD Phenom IIプロセッサ」のデュアルコアを発表したことを明かした。

 今回発表したのは、同社の45nmテクノロジーを新しい量産タイプのプロセッサ設計に導入したもの。デスクトップPC向けデュアルコア・プロセッサの2製品となる。

 まず1つは「AMD Athlon IIプロセッサ」の次世代モデルとなる「AMD Athlon II X2プロセッサ 250」。AMDチップセットと内蔵のグラフィックス・ソリューションの組み合わせにより、すべてをAMDのプラットフォームとした場合に特に優れた性能を発揮する。また、AMDの電力管理テクノロジーと、マイクロソフト製の最新OS「Windows 7」との組み合わせにより、環境に優しく発熱量が小さい静かなPCの構築を可能にするという。

 もう1つは「AMD Phenom IIプロセッサ」のデュアルコアモデル「AMD Phenom(TM) II X2プロセッサ 550 Black Edition」。「AMD Black Editionプロセッサ」は、「Dragon」プラットフォーム・テクノロジーの性能の上限を最高レベルまで高め、最適なオーバークロック性能をユーザーの思うままにコントロールすることを支援。また、新しい特長として、「AMD OverDrive 3.0」を活用することで、短時間かつ効果的にオーバークロック化のチューニングをし、PCの性能を最大限引き出すという。
《加藤》

特集

page top