アイ・オー、レコーディングHDDやBDドライブなど12製品の価格改定——最大約64.5%値下げ | RBB TODAY

アイ・オー、レコーディングHDDやBDドライブなど12製品の価格改定——最大約64.5%値下げ

IT・デジタル ノートPC

HVL4-G2.0
  • HVL4-G2.0
  • BRD-UH8
  • 全12製品の新価格(消費税含まず)
 アイ・オー・データ機器は1日、東芝製液晶テレビ「REGZA」シリーズ対応のハイビジョンレコーディングHDD「HVL4-G2.0」など、計12製品の価格改定を実施。最大約64.5%の値下げとなる。

 今回、価格改定の対象となった製品は、東芝製液晶テレビ「REGZA」シリーズのコンテンツムーブ機能に対応した外付けHDD「HVL4-G2.0」や、8倍速書き込みに対応したBlu-ray Discドライブ「BRD-H8」シリーズなど計12製品。

 HVL4-G2.0は、REGZAで録画した地デジ番組などを楽しめる容量2TBの外付けハイビジョンレコーディングHDD。録画番組をムーブすることで、他のREGZAテレビやDLNA対応テレビでも共有視聴することができる。旧価格72,200円から新価格63,600円へと8,600円分、約11.9%の値下げとなった。

 また、BRD-UH8は、日立LGデータストレージ製「BH08N」を採用した8倍速書き込み対応のBlu-ray Discドライブ。「AVCHD」「HDV」の両規格に対応しており、フルHDビデオカメラで撮影した動画の編集や、オリジナルメニューの作成を行える。旧価格37,000円から新価格34,900円へと2,100円分、約5.7%の値下げとなった。

 なお、最大の値下げとなった製品は、HDLMシリーズ専用の交換ハードディスクユニット「HDM-OP」シリーズで、750GBの「HDM-OP750」は旧価格74,300円から新価格26,400円へと47,900円分、約64.5%の値下げとなった。

※初出時において、本文中に誤りがありました。読者の皆さまおよび関係者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top