ドコモ、「N-06A」「P-07A」の不具合に対応するため、iモードサービスを停止 | RBB TODAY

ドコモ、「N-06A」「P-07A」の不具合に対応するため、iモードサービスを停止

ブロードバンド その他

「docomo PRIME series N-06A」
  • 「docomo PRIME series N-06A」
  • 「docomo PRIME series P-07A」
  • NTTドコモのサイトでは、両機種とも「一時販売停止」に
 エヌ・ティ・ティ・ドコモは28日、最新端末「docomo PRIME series N-06A」および「docomo PRIME series P-07A」について、エアダウンロードによる更新ソフトウェアの提供を行うとともに、未更新の端末ではiモードサービスの提供を停止させたことを発表した。

 「N-06A」および「P-07A」は、機能高度化のために新しく搭載されたソフトウェアの一部に不具合があり、25日より一時的に販売停止となっていた。販売済み端末について、更新ソフトウェアを提供することで、不具合の解消を進めていたが、ソフトウェア更新が実施されていない場合のトラブルに備え、同社では28日午後4時に、ソフトウェア更新未実施の端末について、iモードサービスの提供を停止させたとのこと。音声通話やテレビ電話などiモード以外のサービスは従来どおり利用可能。

 そのためソフトウェア未更新の端末については、iモードを使ったエアダウンロードによるソフトウェア更新が出来なくなってしまったため、最寄りのドコモショップ故障窓口にて、ソフトウェア更新のための預かり修理を行うという。なおN-06AおよびP-07Aのソフトウェア未更新の端末台数は約2,100台(5月28日午後3時現在)。実施済み端末台数は約16,800台(5月28日午後3時現在)とのこと。在庫品についてはソフトウェア更新を行い、準備が整い次第販売が再開となる予定。問い合わせは「N-06A・P-07A お問い合わせセンター」電話番号0120-199-090まで(午前9時〜午後8時。平日、土曜、日曜、祝日)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top