NTT Com、アジア域内を結ぶ海底ケーブル「Asia-Pacific Gateway」をあらたに建設 | RBB TODAY

NTT Com、アジア域内を結ぶ海底ケーブル「Asia-Pacific Gateway」をあらたに建設

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は25日、新しい大容量光海底ケーブル「Asia-Pacific Gateway」(略:APG)の建設に関する覚書(MOU)を各国主要キャリアと締結した。

エンタープライズ その他
Asia Pacific Gateway予定ルート図
  • Asia Pacific Gateway予定ルート図
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は25日、新しい大容量光海底ケーブル「Asia-Pacific Gateway」(略:APG)の建設に関する覚書(MOU)を各国主要キャリアと締結した。

 アジア域内におけるトラフィックの急増と国際ネットワークの信頼性強化に対応するため、共同でアジア地域を結ぶケーブルとなる。NTT ComはAPGの共同建設に参加することにより、アジア域内の保有ケーブル容量をさらに強化するとともに、複数のケーブルルートを提供することで冗長化を確保し、より信頼性の高い国際ネットワークを提供するのが狙いとのこと。

 Asia-Pacific Gateway Cable Networkの総延長は約8,000kmで設計容量4Tbps以上。経由地は日本、韓国、中国本土、台湾、香港、フィリピン、シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ。参加企業はNTT Com(日本)、KT Corporation(韓国)、China Telecom、China Unicom(中国)、Chunghwa Telecom(台湾)、PLDT(フィリピン)、Telekom Malaysia(マレーシア)、VNPT(ベトナム)。運用開始は2011年の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top