5D Mark IIで水中撮影——シーアンドシー・サンパック、5D Mark II用の水中ハウジング | RBB TODAY

5D Mark IIで水中撮影——シーアンドシー・サンパック、5D Mark II用の水中ハウジング

IT・デジタル デジカメ

MDX-PRO 5D Mark IIハウジング
  • MDX-PRO 5D Mark IIハウジング
 シーアンドシー・サンパックは、キヤノンのデジタル一眼レフ「5D Mark II」用のハウジング「MDX-PRO 5D Mark IIハウジング」を発表。5月末に発売予定。価格は283,500円。

 同製品は、キヤノンの5D Mark IIの機能がほぼ全て水中で使用できる耐圧水深60mのハウジング。無垢のアルミブロックから全工程を精密マシニング加工で削りだし、高級感あるデザインに仕上げたという。また、標準肉厚を従来モデルから薄肉化することにより、剛性を維持しつつも小型化を図っている。そのほか、カラーアルマイト処理を施すことで安定した酸化被膜が表面に形成され耐腐蝕製も向上させたとのこと。

 独自構造を採用し、メイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤルに指が届きやすくなっている。また、サブ電子ダイヤルはハウジング内部のシャシー調整をおこなった結果、従来モデルよりもさらにグリップに近づけた。グリップに手を添えたままでも、スムーズにシャッター/絞り調整が可能だという。

 バンパープロテクタを装備し、傷つきやすいフロント下部をガード。また、カメラの脱着が簡単におこなえるクイックシューを装備。そのほか、万一の浸水を知らせてくれるリークセンサーを搭載する。本体サイズは幅336mm×高さ170×奥行き139mm、重さは約2,400g(ハウジングのみ)。
《満井》

関連ニュース

特集

page top