IBM、クラウド・コンピューティング研究所を香港に設立 | RBB TODAY

IBM、クラウド・コンピューティング研究所を香港に設立

エンタープライズ その他

 米IBMは現地時間16日、香港にIBMクラウド・コンピューティング研究所を設立したことを発表した。

 新しい研究所は、アジア・パシフィック地域のイノベーションを推進するために建設されたITセンターである、香港のCyberport総合施設内に設置され、世界で10番目のIBMクラウド・コンピューティング研究所となる。IBMの新しいクラウド・サービスのポートフォリオである「LotusLive」を強化するのが狙い。LotusLiveは、企業がクラウド環境において仮想コミュニティを構築し、同僚、パートナー、サプライヤーや顧客とのコミュニケーションを強化し、知的生産向上に寄与するサービスとなる。Webベースのメッセージング・サービスのグローバル・ハブとして機能し、企業間ソーシャル・ネットワーキングやオンライン・コラボレーション・ツールを低価格で提供する予定だ。

 IBMはまた、Outblaze社の持つメッセージング・サービス提供資産の買収完了も発表した。Outblaze社は、最大規模のオンライン・サービス・プラットフォームを運営し、安全な電子メール、コラボレーション・サービス、ソーシャル・メディア・サービスをメディア関連企業に提供している。買収契約の詳細は非公開。Outblaze社は、メッセージング・ソリューションの提供において10年以上の実績を持ち、ホスティング型で多言語対応の電子メール・サービスの提供を最初に始めた企業の一つ。現在22か国語でサービスを提供し、4,000万件以上のユーザー・アカウントを管理している。今回のOutblaze社の買収により、IBMのオンライン・コラボレーション・ツール利用者は、自動的に電子メール・アカウントが提供され、コンピューターやWebブラウザーを問わず、自分の電子メールにアクセスすることが可能となる。

 香港政府のCIO、ジェレミー・ゴッドフリー氏は「イノベーションとコンピューティングにおける世界的なリーダー企業の一つであるIBMが、香港にクラウド・コンピューティング研究所を開設することを、とても嬉しく思います。新しい研究所は、企業のクラウド・コンピューティング・プロジェクトの迅速な開始と、世界市場と競争するためのコンピューティング機能の強化を支援する、香港IT業界の金字塔となるでしょう。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top