米VMware、クラウドコンピューティングに関する戦略と技術ロードマップを発表 〜 キー技術は「VDC-OS」 | RBB TODAY

米VMware、クラウドコンピューティングに関する戦略と技術ロードマップを発表 〜 キー技術は「VDC-OS」

 米VMware, Inc.(ヴイエムウェア)は現地時間24日、フランス・カンヌで開催中の「VMworld Europe 2009」において、クラウドコンピューティングに関する戦略と技術ロードマップを発表した。

エンタープライズ その他
 米VMware, Inc.(ヴイエムウェア)は現地時間24日、フランス・カンヌで開催中の「VMworld Europe 2009」において、クラウドコンピューティングに関する戦略と技術ロードマップを発表した。同社社長兼最高経営責任者のPaul Maritz氏が概説を行った。

 それによると、「プライベートクラウド」(社内クラウド)実現のためには、“仮想データセンターオペレーティングシステム”となる「VDC-OS」、外部クラウドと内部クラウドを結び付けるマネージメントレイヤ、デスクトップ仮想化による技術の発展、の3つが鍵となるとした。

 同社は現在VDC-OSの具体化として「VMware vSphere」を開発中だが、同製品はこの戦略の基に提供されるソフトウェアの、新しいスタンダードとなる見込みだ。さらに外部クラウドとの連携を行う「VMware vCloud」により、プライベートクラウドを効率的かつ安全に拡張できるとした。vCloudについては、Savvis、SunGard、メルボルンIT、およびTerremarkなどの主要サービスプロバイダーと協力して実現のための作業が進んでいる。VDC-OSを使った最初の製品は、2009年中にリリースされる予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top