バッファロー、外出先からアクセス可能なネットワーク対応外付けHDDのベーシックモデル | RBB TODAY

バッファロー、外出先からアクセス可能なネットワーク対応外付けHDDのベーシックモデル

IT・デジタル ノートPC

LS-CHLシリーズ
  • LS-CHLシリーズ
  • 本体側面
  • 本体背面
 バッファローは22日、ネットワーク対応外付けHDD「リンクステーション」の新モデルとして、外出先などからインターネット経由でアクセスできるベーシックモデル「LS-CHL」シリーズを発表。4月下旬に発売する。価格はHDD容量1.5TBモデル「LS-CH1.5TL」が31,080円、1TBモデル「LS-CH1.0TL」が25,410円、500GBモデル「LS-CH500L」が17,640円。

 同製品は、家庭内ネットワークでのデータ共有に加え、外出先などからインターネット経由でデータをダウンロード/アップロードできるwebアクセス機能を搭載。オフィスや出張先から保存してある書類データを確認したり、友人や親せきへ写真データを受け渡したりできる。webアクセス機能はiPhone 3Gにも対応する。

 東芝の液晶ハイビジョンテレビ「レグザ」に接続して、地デジ番組などのハイビジョン放送録画用のHDDとしても使用可能。スイッチングハブを利用すれば最大8台まで接続できる。また、保存したデータをDLNA対応のテレビ、オーディオなどで再生できる「DLNAサーバー」機能を備える。

 そのほかの機能として、保存した音楽ファイルをネットワーク上のPCのiTunesで再生できる「iTunesサーバー」、PCの電源に連動して自動的にON/OFFできる「PC連動電源」、USBポートに接続したプリンタを共有できる「プリントサーバー」などを装備。また、ファイルダウンロードソフト「BitTorrent」のクライアントソフトを搭載する。

 対応OSは、Windows Vista/XP/2000、Windows XP MCE 2005/2004、Windows Server 2008/2003、MacOS X 10.3.9以降(Mac OS Leopard対応)。インターフェースはLANポート(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)、USB2.0/1.1。本体サイズは幅45×高さ175×奥行き156mm、重さは1.1kg。付属品はLANケーブル(2m)/ACアダプタなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top