東芝「REGZA」で録画した番組をムーブ・保存できる外付けHDD | RBB TODAY

東芝「REGZA」で録画した番組をムーブ・保存できる外付けHDD

 アイ・オー・データ機器は9日、東芝製液晶テレビ「REGZA」のZH/ZV500シリーズのコンテンツムーブ機能に対応した外付けHDD「HVL4-G2.0」を発表。4月下旬に発売する。容量は2TBで、価格は106,300円。

IT・デジタル テレビ
HVL4-G2.0
  • HVL4-G2.0
 アイ・オー・データ機器は9日、東芝製液晶テレビ「REGZA」のZH/ZV500シリーズのコンテンツムーブ機能に対応した外付けHDD「HVL4-G2.0」を発表。4月下旬に発売する。容量は2TBで、価格は106,300円。

 「REGZA」で録画した番組をムーブすることで、他の「REGZA」テレビでも共有視聴することが可能になるとネットワークが可能な外付けHDD。

 フロントと背面にUSBポートを装備。他のHDDやデジタルカメラを接続し、ストレージに保存されたコンテンツをネットワーク上に配信できる。

 搭載された4つのHDDのうち、1台が故障した場合でもデータの損失がない「RAID 5」機能に対応。大切な録画データをHDDの故障により失うリスクを低減する。

 付属品はLANケーブル(m)/ACアダプター/ACケーブル/セットアップガイド(REGZA版)。本体サイズは幅121×奥行き126.5×高さ195mmで、重さは3.8kg。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top