NEC、世界最高レベルの効率を実現した無線基地局用送信アンプを開発 〜 LTE商用装置、WiMAX基地局などに採用 | RBB TODAY

NEC、世界最高レベルの効率を実現した無線基地局用送信アンプを開発 〜 LTE商用装置、WiMAX基地局などに採用

IT・デジタル モバイル

 NECは9日、2.1GHz帯において100Wの消費電力で45Wの出力を実現する世界最高レベルのアンプ(増幅器)効率を実現する無線基地局用の送信アンプの開発に成功したと発表した。

 送信アンプは、基地局から端末に向かって送信される信号の増幅を行う装置。今回の送信アンプ開発では、高性能と高信頼性を両立したRFトランジスタを、NECはあらたに採用した。また独自技術によりドハティ(Doherty)式RF回路を高効率化し、さらにその回路の最適化を図ったとのこと。これにより、アンプ効率レベルを世界最高レベルの45%まで高めることに成功した。これにより、基地局設置スペースの削減や工事期間の短縮、メンテナンスの簡素化などにつながり、通信事業者が行う基地局設置および機器運用のコスト削減に大きく貢献する見込みだという。

 NECは、今回開発した送信アンプを商用LTE装置に組み込み、2009年末に出荷する予定だ。また、本送信アンプはLTEのみならず、W-CDMAやWiMAXの基地局にも適用可能であり、NECは国内外の基地局ベンダー向けに、アンプモジュールとしての外販を計画しているとのこと
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top