過去に戻って勉強し直せるならいつが良い? | RBB TODAY

過去に戻って勉強し直せるならいつが良い?

エンタメ その他

調査結果
  • 調査結果
 あのときやっていれば今と違う人生があったかもしれない……。過去を振りそう返り思うことはないだろうか? アイシェアと拓人は共同で意識調査を実施。20代から40代を中心とするネットユーザー男女1,140名の回答を集計した。

 回答者に学生(児童含む)のころ、勉強は好きだったか?と聞いたところ、「どちらかというと嫌いだった」が41.5%と最も多く、「嫌いだった」は17.7%。一方、「好きだった」は11.3%、「どちらかというと好きだった」が29.5%で、全体では「好き」対「嫌い」が4対6という比率だった。

 あの時、勉強しておいて良かった!(がんばって勉強した!)と思う時期はいつか?との問いには、「中学生」が最も多く全体の27.1%で、「高校生(22.7%)」がそれに続いた。3位には「勉強しておいて良かったと思う時期はなかった」との回答が入り、「大学生(専門学生)(12.9%)」「小学生(10.1%)」としたのは「中学生」の半分以下だった。

 一方、あの時、勉強しておけばよかったと反省する時期は「高校生(37.5%)」「中学生(21.7%)」で、「小学生」としたのはわずか5.5%だった。もしも過去に戻って勉強し直せるとしたら、どの時期がいいか?では、「中学生」25.9%、「高校生」28.2%と僅差だった。

 学生のころ、勉強に対する「やる気スイッチ」が入ったことが「ある」としたのは全体の57.2%で、勉強の好き嫌い度別に見ると、勉強が「好きだった(75.2%)」、「どちらかというと好きだった(71.4%)」人では70%以上が「ある」と回答したが、「どちらかというと嫌いだった(51.2%)」、「嫌いだった(36.1%)」と、勉強嫌いになるほど割合が下がり、勉強が好きだった人ほど「やる気スイッチ」が入った経験を持つ割合が多いという結果になった。

 勉強に対するやる気スイッチが入ったのはどんなときかとの問い(複数回答)でのトップは「難しい問題が解けたとき(44.8%)」。2位の「試験などの結果がよかったとき(43.1%)」と、何らかの成功体験がきっかけになっているようだ。20代では「面白い問題に出会ったとき(41.3%)」、「問題の回答に自信が持てたとき(36.8%)」が、他の年代より高い数値となった。

 親として、学生に勉強へのやる気スイッチを入れるとしたら「小学生」のときだと思う(38.9%)、「中学生」のときだと思う(37.5%)と、全体では小中学生のときが多数を占めた。

 性別では女性の1位は「小学生(47.1%)」、男性の1位は「中学生(40.4%)」と、男性の方がスイッチの入れ時をやや遅めに回答した。年代別では、40代はやる気スイッチの入れ時を「中学生(41.0%)」とし、30代では子どもが勉強するなら「小学生(41.4%)」からと意識が異なるようだ。

 また、仕事をしている人で、仕事のために勉強をすることが「楽しい」と回答したのは25.9%、「どちらかというと楽しい(41.1%)」を合わせると67.1%が「楽しい」と回答。「どちらかというと楽しくない」は22.9%、「楽しくない」は10.0%と、「楽しくない」とした意見は少数派だった。
 
 仕事をしている人に、仕事に対する「やる気スイッチ」が入るときはどんなときかを聞くと、「感謝されたとき」が1位で25.7%、2位は「目標を達成できそうなとき」で21.2%。以下「目標を達成できたとき(13.2%)」、「勉強したことが役に立ったとき(12.2%)」と続き、「給料が上がったとき(7.9%)」など、他の回答は10%未満だった。

 「やる気」を出すためにしていることを自由回答形式で聞いたところ、「目標設定」「自分へのご褒美を用意」「適度なストレス発散」「ON/OFFのメリハリをつけること」「何事もポジティブに考える事」などが多く見られたほか、「気合を入れる」「事前にモチベーションが上がる様なイメージ作りをする」「できるだけ良い環境(住空間、人間関係)に身を置くよう心がける」という意見や、「何かしらの方法が見つかればありがたいが、それがないので苦労している」といったものもあった。

 「やる気スイッチ」は仕事をする大人でも入れるのにきっかけや環境づくりが必要なようだ。それゆえ子どもには、小学生など早い段階で「やる気スイッチ」を入れてあげたい、と考えるのは親心なのだろう。過去に戻って勉強し直したい時期が「中学・高校生」なら、それより少し早い段階で「やる気スイッチ」を入れてあげたいと思うのは自然なのかもしれない。
《織本幸介》

編集部のおすすめ記事

特集

page top