個人での健康診断「しばらく受けていない」が4割半 | RBB TODAY

個人での健康診断「しばらく受けていない」が4割半

 500円で受けられる「ワンコイン健康診断」が話題となっているが、ネットユーザーは健康診断にどういった意識を持っているのだろうか。20代から40代を中心とする男女431名の回答を集計した。

エンタメ その他
健康診断に関する意識調査
  • 健康診断に関する意識調査
 500円で受けられる「ワンコイン健康診断」がニュースなどで取り上げられているが、ネットユーザーは健康診断にどういった意識を持っているのだろうか。アイシェアが20代から40代を中心とする男女431名の回答を集計した。
 
 学校や会社での健康診断を除き、個人で健康診断を受けている人はどの程度いるのだろうか。調査結果では、「定期的に受けている」のは全体の33.2%。性別で見ると、女性(26.6%)に比べ男性は39.6%と14ポイント上回った。そのほか「機会があるときだけ受けている」としたのは17.2%、「心配な部分だけ受けている」のは4.9%。「しばらく受けていない」とした人は全体の44.8%を占め、特に20代では57.4%に達した。
 
 健康診断を受けたいと思っているかとの問いには、「受けたい」が36.2%、「どちらかというと受けたい」が33.2%で、合わせると70%近くが受診したいという結果に。特に、女性と30代で受診希望が多かった。受けたい理由については、「年齢を考えて」が全体の72.6%と突出して高い。20代の1位は「体に心配な部分があるから」(63.3%)だったが、年代が上がるにつれて「年齢を考えて」が健康診断を受けるきっかけとなっているようだ。
 
 受けてみたい健康診断をひとつ選んでもらったところ、「日帰りの健康診断」が33.9%と最も多く、特に30代では43.0%と他の年代を大きく上回った。以下「気になる部分のみを調べる健康診断」が14.8%、「ワンコイン(500円)の健康診断」が11.8%、「ツーコイン(1,000円)の健康診断」が10.9%と続く。「ワンコイン」「ツーコイン」の低価格の健康診断を合わせると2割を超え、20代では21.3%が「ワンコイン健診」を支持。低価格健診へのニーズは低くないといえそうだ。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top