女性派遣社員の“敵”は「男性上司」より「女性同僚」〜アンケート結果 | RBB TODAY

女性派遣社員の“敵”は「男性上司」より「女性同僚」〜アンケート結果

 ライオンが派遣社員として働く20〜39歳の女性400名を対象に「女性のココロの潤いに関する調査」を実施。ココロの潤いを奪う人は「女性同僚」が1位、「男性上司」が2位だった。

エンタメ その他
 ライオンが派遣社員として働く20〜39歳の女性400名を対象に「女性のココロの潤いに関する調査」を実施。ココロの潤いを奪う人は「女性同僚」が1位、「男性上司」が2位だった。

  全国の派遣女性社員(20〜39歳)に対して、ココロが潤っているかを聞いたところ、「潤っている」5%、「少し潤っている」35%、「あまり潤っていない」41%、「潤っていない」19%だった。また、どんなときにココロが乾くかを複数回答で聞いたところ、「仕事の人間関係がうまくいかないとき」が71%と高い数字となった。さらに職場でココロの潤いを奪う人は誰かと複数回答で聞いたところ、「女性同僚」が44%で1位、「男性上司」が35%で2位となった。男性よりも同性の女性同僚のほうが、ココロの潤いを奪っているのは興味深い。

 次に、浴室行動に目を向け、ココロを潤すために実施したことがあるものは何かと複数回答で聞いたところ、「読書」32.5%、「大声で歌う」29.8%。さらに、ココロに潤いを感じさせてくれるお風呂アイテム「入浴剤」78%、「アロマ」38%となった。浴室では、アイテムを用いて心身ともに癒しを得ようとする行動が目立った。また、彼氏/主人と会っているより、入浴している時間の方がココロは潤うが約3人に1人(32%)と高い数字となった。

 ちなみに、先日のバレンタインデーに関する、ココロを潤わせたいと想う男性は仕事場にいるかという質問では、「いいえ」、「どちらかといえばいいえ」を含め88%となっていた。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top