Acer、スマートフォン市場進出を正式発表 〜 「Tempo」シリーズの詳細があきらかに | RBB TODAY

Acer、スマートフォン市場進出を正式発表 〜 「Tempo」シリーズの詳細があきらかに

ブロードバンド その他

Acerのスマートフォン市場参入第一弾「Tempo」シリーズ
  • Acerのスマートフォン市場参入第一弾「Tempo」シリーズ
  • 「X960」はオートフォーカスカメラ、GPS、PDA、MP3プレイヤーの機能を兼ね備えたコンパクトな万能モデル。
  • 「F900」はWebサイトのブラウズを重視したスタイリッシュなモデル。
  • 「M900」はファイル操作とメール送受信を重視したハンドヘルドモデル。
  • 「DX900」は世界初となるデュアルSIMスマートフォン。
 台湾Acer(エイサー)は16日、スマートフォン市場に進出することを正式発表した。あわせてスペイン・バルセロナにて開催中の「Mobile World Congress 2009」において、初のスマートフォン製品となる「Tempo」シリーズの詳細が公開された。また公式サイトにはすでに製品ページが設置されている。

 Acerのスマートフォン「Tempo」として発表されたのは「X960」「F900」「M900」「DX900」の4機種。

 「X960」はオートフォーカスカメラ、GPS、PDA、MP3プレイヤーの機能を兼ね備えたコンパクトな万能モデル。高解像度2.8インチのVGAタッチスクリーンと5方向ナビゲーションボタンを装備。直観的なウィジットベースのユーザインターフェイスで操作可能となっている。Outlook Mobile / Office Mobile(Word、Excel、PowerPoint)を搭載する。

 「F900」はWebサイトのブラウズを重視したスタイリッシュなモデル。3.8インチのWVGAタッチスクリーンとバーチャルキーボードにより、より多くの情報の表示と操作を可能とした。GPS、FMラジオ、ボイスレコーダー、ボイスコマンド、拡張可能なメモリ、フラッシュ付き3.2メガピクセルのオートフォーカスカメラを搭載する。JavaScriptとAdobe Flash Liteに対応したInternet Explorer 6を利用可能で、接続には3.75GのHSDPA/HSUPAとWiFiが利用可能。

「M900」はファイル操作とメール送受信を重視したハンドヘルドモデル。スライド式のハードウェアキーボードを搭載しており、テキスト入力などを駆使するヘビーユーザ向けとなる。OSはWindows Mobile 6.1 Professionalがプリインストールされており、Outlook Mobile / Office Mobileも利用可能だ。HSDPA接続による大規模データ転送が可能で、大型の3.8インチのWVGAタッチスクリーンで大量の情報も閲覧可能だ。また指紋認証によりセキュリティ面にも配慮されている。拡張可能なメモリ、フラッシュ付き5メガピクセルのオートフォーカスカメラなどを搭載する。
 
 「DX900」は世界初となるデュアルSIMスマートフォン。3.5G(HSDPA)と2.75G(EDGE)SIMが利用可能。すべてのワイヤレス接続を停止させる「フライトモードボタン」も用意されている。高精細2.8インチのVGAディスプレイでのタッチスクリーン機能、大型のフィンガーボタンを採用し、3Dアニメーション化アイコンと演出効果が加わったより操作しやすいインターフェイスを実現した。そのほかビデオ通話、ボイスレコーダー、ボイスコマンド、フラッシュ付き3.2メガピクセルのオートフオーカス・カメラ、正面VGAカメラを搭載する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top