ソネット・メディア・ネットワークス、サイトロックの運用監視アウトソーシングサービスを利用開始 | RBB TODAY

ソネット・メディア・ネットワークス、サイトロックの運用監視アウトソーシングサービスを利用開始

エンタープライズ その他
「サイトロック マネジメントサービス」運用イメージ
  • 「サイトロック マネジメントサービス」運用イメージ
 日本ベリサインのグループ企業であるサイトロックは17日、ソネット・メディア・ネットワークスが運営する広告配信システムに対して、24時間365日の運用監視アウトソースサービス「サイトロック マネジメントサービス」の提供を開始した。

 ソネット・メディア・ネットワークスのアドネットワークである「トラストクリック」とクリック保証型バナー告知サービス「カスタム・クリックPlus!」のシステムに導入されたもの。「トラストクリック」は月間ユニークユーザ2700万人、国内のパソコンによるインターネットユーザ約40%以上に到達可能なメディアとなっている。ソネット・メディア・ネットワークスは、大規模なアドネットワークシステムの監視を強化するにあたり、外部の業者へ委託することを検討、数社比較・検討した結果、MSP専門業者であるサイトロックを採用、外部の専任業者へ監視を委託することにより、「監視の強化=迅速で確実な障害対応」によるアドネットワークサービス品質の向上などを目指すとしている。

 「サイトロック マネジメントサービス」では、外部(利用者と同じ視点)監視サービスと内部(システムの内部から)監視サービスの2種類を導入することで、ITシステムやITサービスに異変が生じた場合、より迅速に検知することが可能。また、定型的なリモート運用について一部委託されることで、障害復旧の迅速化が実現される見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top