IBM、データセンターの熱だまりや冷やしすぎを自動的に解消する空調管理ソリューション発表 | RBB TODAY

IBM、データセンターの熱だまりや冷やしすぎを自動的に解消する空調管理ソリューション発表

 日本IBMは13日、データセンター内の温度情報をセンター内に設置されているIT機器や温度センサーから収集し、複数の空調機器をリアルタイムに制御するための自動空調管理ソリューション「Intelligent Facility Manager」を発表した。

エンタープライズ その他
 日本IBMは13日、データセンター内の温度情報をセンター内に設置されているIT機器や温度センサーから収集し、複数の空調機器をリアルタイムに制御するための自動空調管理ソリューション「Intelligent Facility Manager(インテリジェント・ファシリティー・マネージャー)」を発表した。提供開始は4月1日より。

 「Intelligent Facility Manager」は、IBM製サーバが標準装備しているセンサーや任意の位置に設置した温度センサー等からのデータをもとに、サーバ、ラックへの給気温度が最適になるような空調制御をファシリティ管理システムに要求する。これにより、“ホット・スポット”と呼ばれる熱だまりや冷やしすぎを解消することで、IT機器の安定稼働環境を確保するとともに、部分的な温度変化にもきめ細かく対応することが可能となる。また、空調機器に異常が生じた場合、警告を発したり、同時にバックアップ空調機の出力を上げ、異常が起きたゾーンを適正温度に管理することもできる。

 「Intelligent Facility Manager」では、データセンター内の任意の位置への温度センサーの配置、配置温度センサーとサーバの温度情報の収集と可視化、配置温度センサーとサーバの温度監視点に対する要求温度の設定、設定された要求温度による空調管理などに対応する。具体的には、ハイエンドサーバやストレージを中心に50台程度のラックが設置され、気流管理の最適化などによる空調効率改善(ベストプラクティス適用)後の環境でIntelligent Facility Managerを使用した空調設備制御を行った実証実験では、従来通りの制御方法を使用した場合と比較して空調による消費電力を23%低減することが確認されたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top