ソフトバンクIDCとアイビーシー、ネットワークシステムの性能監視サービス事業で提携 | RBB TODAY

ソフトバンクIDCとアイビーシー、ネットワークシステムの性能監視サービス事業で提携

 ソフトバンクIDCとアイビーシーは17日、ネットワークシステムの性能監視サービス事業において業務提携したことを発表した。

エンタープライズ その他
「プレミアムネットワークサービス」におけるモニタリング方式
  • 「プレミアムネットワークサービス」におけるモニタリング方式
  • 「プレミアムネットワークサービス」定期レポート
  • 「プレミアムネットワークサービス」個別レポート
 ソフトバンクIDCとアイビーシーは17日、ネットワークシステムの性能監視サービス事業において業務提携したことを発表した。

 この提携によりソフトバンクIDCは、アイビーシーのネットワークシステム性能監視アプライアンス「System Answer」を活用した、ネットワークの可視化と安定性や品質向上を図るための管理・分析サービス「プレミアムネットワークサービス」の提供を開始する。「プレミアムネットワークサービス」はネットワークに関するさまざまなデータを取得・診断し、具体的な改善案を提案するサービス。主なサービスは、ネットワークモニタリングと稼働レポートからなり、ネットワーク動作状況を1分間隔でソフトバンクIDCの専用のサポートウェブサイト「Customer Portal」でいつでもリアルタイムに確認可能。稼働レポートはネットワークモニタリングで蓄積されたデータに基づきネットワークの健康状態について報告するものとなる。取得データの保持期間は1年間。

 ネットワークのトレンドが可視化されることで、不具合の事前予測と対応、拡張規模や時期の把握が可能とのこと。また、設備投資の基礎資料として使用可能。なお、対象機器はマルチベンダー対応で、新製品やバージョンアップにも2週間で対応するという。価格はネットワークモニタリングが税込初期費用52,500円〜、月額費用52,500円 (10ホストの場合)〜。ネットワーク稼動レポートが個別見積もりなど。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top