東芝、500GBのHDDを搭載するハイビジョンレコーダーなど2モデル | RBB TODAY

東芝、500GBのHDDを搭載するハイビジョンレコーダーなど2モデル

 東芝は22日、ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の新モデルとして、500GBのHDDを搭載する「RD-G503」と、320GBのHDDを搭載する「RD-E303」を発表。2月1日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はRD-G503が70,000円、RD-E303が60,000円。

IT・デジタル レコーダー
ブラック
  • ブラック
  • ホワイト
  • RD-E303
 東芝は22日、ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」の新モデルとして、500GBのHDDを搭載する「RD-G503」と、320GBのHDDを搭載する「RD-E303」を発表。2月1日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はRD-G503が70,000円、RD-E303が60,000円。

 両製品は、DVDとHDDのハイブリッドレコーダー。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載し、地上アナログチューナーは非搭載とした。

 RD-G503は、本体前面に液晶を搭載し、そこに表示される番組名を確認して録画予約ができる「かんたん本体予約」機能を業界で初めて搭載。テレビをつけなくても本体液晶画面に録画曜日、時刻、チャンネルを入力すると、放送番組名を表示し、決定ボタンを押すだけで簡単に予約ができる。また、リモコンを操作してテレビ画面上でも「かんたん本体予約」と同様の予約を実現する「かんたん予約」機能、ダビング方法の選択からメディアの初期化、ファイナライズまで画面の指示に沿っていくだけでダビングができる「かんたんダビング」機能を搭載する。

 付属の「シンプルリモコン」は、従来のリモコンをベースに、要望が高かったテレビ操作などのキーを追加して、使い勝手を従来よりも向上させている。500GBのHDDを搭載し、地上デジタル放送の場合、約64時間のハイビジョン画質で録画が可能だ。

 RD-E303は、「かんたん予約」「かんたんダビング」「シンプルリモコン」を採用。320GBのHDDを搭載し、地上デジタル放送の場合、約41時間のハイビジョン画質で録画が可能だ。
 
 そのほかの機能として、両モデルとも不要な録画番組を入れたHDD内のごみ箱フォルダを、電源を切るたびに自動で空にする「ごみ箱自動削除」、新たにDVD操作用のメニューを追加した「新スタートメニュー」などを搭載する。また、本体と同社から発売されている液晶テレビ「レグザ」、ノートPC「Qosmio」、オーディオシステムなど「レグザリンク」対応のデジタル機器をつなぐと、レグザリモコンひとつで接続機器に保存している番組の再生や録画などができる「レグザリンク」機能を搭載する。

 両モデルのおもな仕様は以下のとおり。

・録画方式:MPEG-2
・インターフェース:S1映像入力/S映像入力/映像入力×2/アナログ2ch音声入力×2/HDMI出力/光デジタル音声出力/D4出力/S1映像出力/映像出力/アナログ2ch音声出力/LAN/電話回線/地上デジタル入出力/BS・110度CSデジタル入出力
・本体サイズ:幅430×高さ67×奥行き347mm
・重さ:G503は5.2kg/E303は5.1kg
・付属品:ワイヤレスリモコン/シンプルリモコン/同軸ケーブル/映像・音声接続コード/B-CASカードなど
カラー:G503はブラック/ホワイト。E303はブラックのみ。
《満井》

関連ニュース

特集

page top