KDDI、法人向け.NET Framework互換のプラットフォーム「.net by au」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、法人向け.NET Framework互換のプラットフォーム「.net by au」提供開始

 KDDIは21日、「Microsoft .NET Framework」と互換性を持つアプリケーションプラットフォーム「.net by au(ドットネット バイ エーユー)」を発表した。法人向けに今春より提供開始する。

エンタープライズ その他
「.net by au」の概要
  • 「.net by au」の概要
 KDDIは21日、「Microsoft .NET Framework」と互換性を持つアプリケーションプラットフォーム「.net by au(ドットネット バイ エーユー)」を発表した。法人向けに今春より提供開始する。

 「.net by au」は、au携帯電話のBREWアプリ上で動作する、.NET Framework互換のオープンなアプリケーションプラットフォーム。Windows PC等と同じ環境でアプリケーション開発が可能なことが特長で、.NETアプリ資産、開発ノウハウが流用可能となる。au携帯電話のBREWアプリ上にプラットフォームを構築するため、Windows PC、Windows Mobile端末、Windowsサーバと同じ環境で開発が行える。

 また、au携帯電話とWindows PCをセキュアなBluetooth通信で接続でき、各デバイスのアプリケーションが容易に連携できる。さらに、ユーザが自由に利用できるセキュリティアプリケーション、ユーティリティアプリケーションなどもあわせて提供される。「.net by au」で開発したアプリケーションは、他のオープンプラットフォーム同様、配布・管理可能となる予定だ。

 提供条件プラットフォーム、開発環境はともに無料で提供される。動作環境携帯電話はE05SH、E06SH。OSはWindows XP、開発環境はMicrosoft Visual Studio 2008(別途購入の必要あり)となる。E05SHは今春、E06SHは夏に提供開始予定となっている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top