青山学院とマイクロソフト、産学協同で最新テクノロジを国内最大規模で導入〜CRMや仮想化など | RBB TODAY

青山学院とマイクロソフト、産学協同で最新テクノロジを国内最大規模で導入〜CRMや仮想化など

ブロードバンド その他

 青山学院とマイクロソフトは1日、産学で協同していくことに合意した。これにより学校経営力の強化とともに国際競争力のある人材の育成を目指すとしている。

 青山学院では、マイクロソフトが提供する高等教育機関包括ライセンス契約のもと、教職員や在学生が最新のソフトウェアを活用できる環境がすでに整備されているが、あらたにICT戦略を策定し、さらに先進的なシステムを導入するとともにその効果をマイクロソフトとともに検証する。

 具体的には、在学生とその保護者、卒業生、教職員など同校関係者15万人を対象に、コミュニケーションツールとしてMicrosoft Live@edu with Exchange Labsを提供する。海外の学校とのコミュニケーションにも活用することで、国際交流を加速を目指す。また企業向け顧客管理システムである Microsoft Dynamics CRMを、在学生や卒業生の情報管理に活用する。2009年6月に青山学院の卒業生の組織である青山学院校友会向けのシステムとして利用を開始し、その対象を順次、幼稚園から大学・大学院までの在学生やオープンキャンパスの参加者にまで広げていくという。そのほか、初等部から大学・大学院までの在学生のアカウント管理をMicrosoft Active Directoryに一元化し、アプリケーション仮想化技術であるMicrosoft Application Virtualizationを国内最大規模となる計3,000台からなるシステムに導入するなどの施策を行う。

 なお、これまで青山学院の各学校とマイクロソフトは、それぞれ個別の契約を結んでいたが、2009年4月には学校法人の契約としてこれらを1本化する。また、マイクロソフトが主催する大学CIOフォーラムに青山学院大学が参加し、大学改革のためのIT戦略の提言書の策定に関わったり、青山学院大学における知的財産総合概論講座にマイクロソフトから講師を派遣したり、青山学院でマイクロソフトが講演をおこなうなど、相互の人材交流を深めるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top