三洋、音楽/会議で使い分け可能なリニアPCMレコーダーなど3製品 | RBB TODAY

三洋、音楽/会議で使い分け可能なリニアPCMレコーダーなど3製品

IT・デジタル その他

ICR-PS603RM
  • ICR-PS603RM
  • ICR-RS110MF(付属のマルチクレードル使用例)
  • ICR-S003M
 三洋電機は、ICレコーダー「DIPLY TALK」シリーズの新ラインアップとして、リニアPCM対応の「ICR-PS603RM」や、ラジオ付きモデル「ICR-RS110MF」など計3製品を発表した。いずれも11月21日発売で、価格はオープン。

 ICR-PS603RMは、音楽録音向けの「X-Y型指向性ステレオマイク」に加えて、会議録音向けの「全方向性ステレオマイク」の計4つのマイクを搭載したモデル。マイクは用途に合わせて切替え可能で、録音ファイル形式はPCM(WAV)形式およびMP3形式に対応する。主な機能として、ワンボタンで音楽・会議・講義・口述などのシーンに応じた録音モードを選択できる「シーンセレクト」機能を搭載する。記録メディアには、4GBメモリを内蔵するほか、microSD(SDHC)カードスロットを装備。本体にスライド式のUSBコネクタを搭載し、PCとの接続に対応する。

 電源は単4形電池×1本で、バッテリ駆動時間はMP3録音時で約26時間、PCM録音時で約10時間としている。本体サイズは幅35.4×高さ120×奥行き13.9mmで、重さは58g。予想実売価格は33,000円前後。

 ICR-RS110MFは、PCM/MP3形式でのボイス録音機能に加えて、AM/FMラジオの録音・再生機能を搭載したモデル。ラジオ録音はタイマー予約にも対応する。メディアはmicroSD(SDHC)メモリーカードを採用。音声出力はヘッドホンのほか、80mWのモノラルスピーカーを本体に搭載。また、ステレオスピーカー搭載のマルチクレードルを同梱し、デスクトップオーディオとしても利用できる。

 電源は単3形電池×1本を使用し、バッテリ駆動時間はMP3録音時で約53時間、AMラジオ録音時で約20時間としている。本体サイズは幅49.5×高さ113.5×奥行き18mmで、重さは92g。クレードルは幅193×高さ124.5×奥行き100mmで、重さは620g。予想実売価格は30,000円前後。

 「ICR-S003M」は、SDメモリーカード対応のICレコーダーとして業界最小・最軽量を謳うモデル。録音フォーマットはMP3形式に対応。高感度ステレオマイクの搭載により、「エントリーモデルながら高音質での録音が可能」としている。

 電源は単4形電池×1本で、バッテリ駆動時間はステレオ録音時で約29時間としている。本体サイズは幅36.6×高さ96×奥行き13.3mmで、重さは52g。予想実売価格は10,000円前後。
《花》

関連ニュース

特集

page top